最新記事

ファッション

世にも奇怪なKFCクロックスのコラボサンダルがバカ売れ

People Are Paying Over $250 For KFC Crocs That Smell Like Fried Chicken

2020年7月30日(木)20時00分
セレン・モリス

フライドチキンそっくりの飾りがついたクロックスサンダルに、人はなぜ250ドルも払うのか? KFC/CROCS

<ジョークとしか思えないフライドチキンの香りつきサンダルが即完売し高値で売買される理由>

7月28日に発売された、ケンタッキー・フライドチキン(KFC)とクロックスのコラボ商品であるチキンの香りつきサンダルは、発売から30分以内に完売した。既にネット上で4倍以上の価格で取引されている。

コラボ商品は28日の米東部時間午後12時に発売され、即完売した。価格は59.99ドルと平均的なクロックスサンダルよりもやや高めだが、ネット上での転売価格に比べれば、それでも割安に思える。

転売されているKFCクロックスの平均価格は1足あたり177ドル。オンライン市場「ストックX」ではなんと253ドルもの値がつけられているものもある。この記事の執筆時点で、ストックXでは全部で171足のKFCクロックスが売られており、その平均価格は元の価格の233.3%。最近売れたKFCクロックスには200ドルの値がついていた。フリマアプリ「ディポップ」上では1足150ドルから390ドルで売られているが、まだ1足も売れてはいないようだ。

ネットオークション大手のイーベイにも数十足が出品されている。いずれも出品価格は100ドル超で、中には240ドル以上の高値で落札されたものもあった。1足1000ドル超で転売しようとしている出品者までいるが、この価格での入札はまだない。

<参考記事>韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に
<参考記事>マスクが「必須のアクセサリー」になる時代、NYファッションショーにも登場

コリアブランド「スクート」に通じる魅力

発売後あっという間に完売し、その後何百ドルもの高値で売られていることから、ソーシャルメディア上では、自分用に欲しいと思っていた人々ではなく、ボットや転売業者が買い占めを行ったのだと不満の声が上がっている。

KFCサンダルは限定発売だったため、再販は行われない。KFCとクロックスは28日、商品の完売を受けて次のようなメッセージをツイッターに投稿した。「残念ながらKFC×クロックスのコラボサンダルは売り切れです。でも嬉しいニュースもあります。KFCでは引き続き、本物のチキンバーレルをお買い求めいただけます。本物は身に着けないようお願いします」

KFCとクロックスのコラボサンダルが最初に発表されたのは2月。ニューヨーク・ファッション・ウィークで、ソウル在住のアーティストのMLMA(Me Love Me a Lot)が厚底バージョンを披露した。その後、通常版の発売が決まった。

MLMAとKFCクロックスの厚底バージョンをフィーチャーしたイメージ動画


KFCクロックスには、両足に1つずつ、外見も香りも本物そっくりのフライドチキンのチャームがついている(もちろん食べられない)。ジョーク商品のように思えるかもしれないが、実際に何百ドルも払って手に入れたいと考えている人がいるのは確かだ。MLMAは雑誌「ペーパー」に対して、「クロックスとKFCのコラボレーションは、最先端のファッションだと思う」と語った。

「ほかとは違う、楽しくてクリエイティブなことをしているのだから。私からすると、(多国籍なコリアブランド)スクートと同じ美学がある。ルールも境界もない、できない事なんて何もない、という美学だ。楽しくて、ほかの誰も挑戦しないものは、急速に広まっていく」

【話題の記事】
・新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・がんを発症の4年前に発見する血液検査
・これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえられる

20200804issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」

ニュース速報

ビジネス

ホンダ、2月もフィットなど国内で減産 半導体不足続

ワールド

新START延長、合意には精力的な努力必要=ロシア

ビジネス

イタリア首相、閣議で辞任表明

ビジネス

独与党内で財政規律の緩和に反対の声、首相側近の発言

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 8

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 9

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 10

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月