最新記事

トレンド

マスクが「必須のアクセサリー」になる時代、NYファッションショーにも登場

Masks Are Wellness Now

2020年3月13日(金)13時30分
シャノン・パラス(科学ジャーナリスト)

ニューヨーク・ファッション ウイークでもマスクを着けたモデルが登場した ROY ROCHLIN/GETTY IMAGES FOR NYFW

<東アジアの文化に根付いていたマスクは、今や世界各国で品切れ状態に。時代を象徴するアイテムに昇格し、ついにランウェイに「マスクファッション」が登場した。本誌3月17日号の特集「感染症vs人類」より>

今やマスクは時代の象徴だ。mag20200317coversmall.jpg新型コロナウイルスの感染拡大はもちろん、世界各地で森林火災が多発するなど、黙示録的な光景が広がっているせいだろう。

台湾系アメリカ人のジャーナリストであるジェフ・ヤンは6年前、東アジアでは1918年にインフルエンザが世界的に流行して以降、医療用だったマスクが一般にも使われるようになったと指摘した。

「汚染された空気を避けるために顔を覆う傾向は、病気を引き起こすのは病原菌だという理論が広まる前から、東アジアの文化に根付いていた」と、彼は書いた。

ヤンは、いずれマスクの着用にはさまざまな意味合いが加わり、「マスクファッション」が人気になると予測した。それが今、現実のものになっている。

2月中旬に行われたロンドン・ファッションウイークでは、おしゃれなサージカルマスクを着けて参加した人たちがいた。ニューヨーク・ポスト紙はマスクが「必須のアクセサリー」になったと書いた。

ニューヨーク・ファッションウイークでも、昨年と今年はランウェイの内外にマスクが目立った。米人気バラエティー番組『サタデー・ナイト・ライブ』の2月1日の回では、出演者のボーエン・ヤンがバーバリー・チェックのマスクを着けて登場した。

だが多くの健康グッズと同じく、マスクの効果は個人や状況によって大きく違う。各地のファッションショーで見られたようなマスクは、医療グッズというより全くのファッションアイテムに思えたが、着用していた人たちにとっては健康を守ることが目的だったかもしれない。

しかし多くの専門家が指摘するように、マスクでウイルス感染は防げない。微粒子の95%以上を捉えるN95マスクでも、新型コロナウイルスの感染を完璧には予防できない。

ニュース速報

ビジネス

米四半期定例入札、債務上限問題や発行減額の可能性が

ビジネス

原油先物は下落、中国景気巡る懸念とOPEC増産で

ビジネス

豪サントス、オイル・サーチ買収額を69億ドルに引き

ワールド

米下院民主党、立ち退き猶予措置の延長をバイデン政権

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月