最新記事

トランプ

WHOに絶縁状、トランプの短気が招く「世界公衆衛生危機」の悪夢

2020年6月1日(月)19時05分
ロビー・グレイマー、コラム・リンチ、ジャック・デッチ

アメリカを苦しめるコロナ禍の責任をWHOに押し付けたい? JONATHAN ERNST-REUTERS

<「WHOとの関係を終了する」というトランプの突然の発表に、公衆衛生の専門家や民主党議員から苦言が相次いでいる>

5月18日、トランプ大統領はWHO(世界保健機関)に最後通牒を突き付けた。「30日以内に大幅な改革に取り組まなければ、アメリカの資金拠出を恒久的に停止する」

トランプは、自身が設定した期限を待てなかったようだ。11日後の29日、記者会見で突然こう表明した──「アメリカはWHOとの関係を終了させる」。WHOへの資金拠出も停止すると述べた。

この数カ月、アメリカと中国の関係悪化を背景に、アメリカはWHOへの不満を強めていた。米政府高官と議会共和党は、新型コロナウイルス問題でのWHOの対応が中国寄り過ぎると批判してきた。29日の記者会見は、香港情勢をめぐり米中の緊張がいっそう高まるなかで行われた。

しかし、トランプの発表に対しては、直ちに公衆衛生専門家から批判の声が上がっている。そんなことをすれば、新型コロナウイルスの感染が途上国に拡大し始めているなかで、WHOの対処能力を弱めてしまうというのだ。

「世界が公衆衛生危機の真っただ中にあるときに、これほど非生産的な行動はない」と、オバマ前政権で国家安全保障会議(NSC)の北アフリカ担当部長を務めたメーガン・ドハティは述べている。

新型コロナウイルス対策だけでなく、他の公衆衛生プログラムにも悪影響が及ぶことを恐れる声もある。「世界中の予防接種プログラム、ポリオ撲滅への取り組み、エボラ出血熱への対応などに壊滅的な打撃を与えるだろう」と、貧困問題を研究するシンクタンク「世界開発センター(CGD)」のジェレミー・コニンディク上級研究員は言う。

中国の影響力が強まる

野党の民主党も批判を強めている。トランプは米国内での新型コロナウイルス対応の不手際を隠すために、WHOに批判の矛先を向けているというのだ。アメリカにおける新型コロナウイルスによる死者数は10万人を突破した。

「このような措置は、WHOに対する中国の影響力をますます強めるだけだ」と指摘するのは、クリストファー・マーフィー民主党上院議員だ。「世界の公衆衛生のルールを決めるのは、アメリカではなく中国になる。悪夢と言うほかない」

もっとも、アメリカがWHOへの資金拠出を完全に停止した場合、中国が最大の資金拠出者になるというのは誤解だ。WHOへの任意拠出金に占めるアメリカの割合は15%。中国は0.21%にすぎない。アメリカに代わって最大の拠出者になるのは、マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツとメリンダ夫人が設立した慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」だ。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 5

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 6

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 10

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月