最新記事

宇宙

火星の大気中に神秘的な緑の光が初めて見つかる

2020年6月22日(月)16時35分
松岡由希子

火星の大気光のイメージ図 (画像:ESA)

<火星の大気中の微量気体を観測している探査機「トレース・ガス・オービター」が火星の大気中で緑に輝く光を初めてとらえた......>

欧州宇宙機関(ESA)と露ロスコスモスによる火星探査ミッション「エクソマーズ」のもとで火星の大気中の微量気体を観測している探査機「トレース・ガス・オービター(TGO)」が、火星の大気中で緑に輝く光を初めてとらえた。2020年6月15日、学術雑誌「ネイチャーアストロノミー」でその研究成果が明らかとなっている。

原子や分子が太陽光との相互作用により発光する「大気光」

これは、惑星の高層大気で原子や分子が太陽光との相互作用により発光する「大気光」と呼ばれる現象だ。大気光は「夜間大気光」と「昼間大気光」に大別される。

夜間大気光は、日中に太陽放射によって分離した原子が再結合し、過剰エネルギーを光子(光の粒子)として放出する際に生じる現象で、これまでに地球のほか、金星火星でも観測されている。

一方、昼間大気光は、太陽光が直接、酸素や窒素などの原子や分子を刺激したときに生じるもので、夜間よりもずっと明るいために極めてとらえづらく、これまでは地球のみで観測されていた。

1979年に発表された研究論文では「火星にも昼間大気光が存在する」との仮説が示されていたが、実際に観測されたのはこれが初となる。

太陽放射によって二酸化炭素が一酸化炭素と酸素に分離

ベルギー・リュージュ大学の天文学者ジャン=クロード・ジェラール教授らの研究チームは、火星を真下に見下ろす位置から火星の地平線が見えるように「トレース・ガス・オービター」に搭載された観測装置「NOMAD紫外可視分光光度計」を配置し、2019年4月24日から12月1日までの間、高度20〜400キロメートルの地点で観測を実施。

観測データを分析したところ、緑の光が確認された。この光は高度80キロメートル付近で最も強く、火星と太陽との距離に応じて変化した。

研究チームは、一連の発光プロセスをモデル化し、「この光がどのように形成されているのか」についてさらに研究をすすめた。その結果、太陽放射によって二酸化炭素が一酸化炭素と酸素に分離し、この酸素原子が可視光線と紫外線で発光していることがわかった。また、この可視光線の光度は紫外線の16.5倍であった。

ジェラール教授は「火星での観測結果はこれまでの理論に基づくモデルと合致したものであったが、地球で観測されている光とは異なっており、地球の大気光は火星の大気光よりもずっと弱かった」とし、「酸素原子がどのように行動しているのかについて、さらに解明していく必要がある。これは、原子物理学や量子力学の研究にも大いに役立つだろう」と述べている。

【話題の記事】
地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される
動画:「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?
エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文
ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことがわかった

ニュース速報

ワールド

緊急事態判断、「強いメッセージ」必要と専門家が指摘

ビジネス

ホンダの今期、営業益横ばい見込む 販売回復も原材料

ビジネス

第1四半期末の中国投信販売残高、アントが首位=業界

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月