最新記事

トラベル

コロナの時代は空想の旅に出よう──自然の驚異に触れる世界の絶景10選

Marvel at These Freaks of Nature

2020年6月6日(土)16時40分
アレクサンドラ・ションフェルド

01フライガイザー(ネバダ州ワショー郡、アメリカ) ROPELATO PHOTOGRAPHYーMOMENT/GETTY IMAGES

地球規模のウイルス禍や異常気象に悩まされていると、自然に対してありがたみを感じる気にはならないかもしれない。

でも家に籠もりっきりで鬱屈した気持ちも、自然の驚異に触れれば晴れるはず。元気を与えてくれそうな世界の絶景を紹介しよう。

◆ ◆ ◆


01フライガイザー(アメリカ・ネバダ州ワショー郡)

<記事トップ写真>ネバダ州北部の草原の真ん中にある間欠泉。1916年に井戸の掘削中に偶然掘り当てられた温泉から温水が出続け、そこに含まれる炭酸カルシウムが蓄積して高さ180センチ近い赤や緑の岩になったという。その頭頂部からは、今も空中に温水が噴出し続けている。


02マーブル・カテドラル(チリ・アイセン)

パタゴニア中心部にある洞窟。湖水が6000年以上にわたって大理石を浸食し続けたことで、ユニークな形と奇跡のきらめきを持つ青いマーブル模様が生まれた。洞窟ツアーはボートに乗って。

marvel02.jpg

SIAN SEABROOK-500PX/GETTY IMAGES


03ソルバグスバテン湖(フェロー諸島・ボーアル島)

北大西洋に浮かぶデンマーク領フェロー諸島最大の湖で、海から浮いているように見えることで有名。実際には海抜30メートルくらいなのだが、特定の場所からだと、はるか上にあるかのように見えてくる。湖、滝、崖と海が織り成す非現実的な美しさに浸ることができる。

marvel03.jpg

JAN EGIL KRISTIANSEN-MOMENT/GETTY IMAGES


04クルカ国立公園(クロアチア・シベニククニン)

クロアチア南部にあるこの国立公園には、美しい青緑色に輝く水が流れる滝が7つもある。国の自然遺産に登録されているが、夏には滝壺で泳ぐこともでき、大勢の観光客が涼を求めて訪れる。特にこの公園を代表するスクラディンスキ・ブク滝は、まさに絵のような美しさで人気が高い。

marvel04.jpg

SEBASTIAN CONDREA-MOMENT/GETTY IMAGES


05パムッカレ(トルコ・デニズリ)

パムッカレはトルコ語で「綿の城」を意味する。炭酸カルシウムを含んだ温泉が山肌を流れ落ち、長い年月をかけて堆積して、白い石灰棚が輝く幻想的な奇観が生まれた。パムッカレの頂上に残る古代都市ヒエラポリスの遺跡も必見。

marvel05.jpg

MAHMUT SERDAR ALAKUS-ANADOLU AGENCY/GETTY IMAGES

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

カナダCPI、7月は前年比7.6%上昇 やや緩和

ビジネス

独、LNG施設2基をフル稼働へ 主要電力会社と覚書

ワールド

国連事務総長、ウクライナ訪問 18日にゼレンスキー

ビジネス

アメリカン航空、超音速旅客機20機購入へ 新興企業

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月