最新記事

ロックダウン

ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予測におびえて都市封鎖した

2020年5月26日(火)18時30分
松岡由希子

高齢者の保護に焦点を当てた「スマートなロックダウン」政策を提唱していた REUTERS/Stephen Lam

<ノーベル化学賞を受賞した生物物理学者マイケル・レヴィッド教授は、「実際の疫学を誤ってモデル化している」と英国での都市封鎖に異を唱えている......>

英国では、国民や企業の活動を強制的に制限する「都市封鎖(ロックダウン)」を2020年3月18日から実施しているが、新型コロナウイルスの感染はいまだに広がっており、5月25日時点の感染者数は約26万人、死亡者数は約3万7000人にのぼっている。

「都市封鎖は、むしろ多くの死亡者を出す結果を招いている」

英国政府に都市封鎖の実施を進言したのは、英インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)の疫学者ニール・ファーガソン教授だといわれている。ファーガソン教授は、感染症数理モデルにより「英国で都市封鎖を実施しなければ、新型コロナウイルス感染症により50万人が命を失う」との予測を示していた。

2013年にノーベル化学賞を受賞した米スタンフォード大学の生物物理学者マイケル・レヴィッド教授は、英紙テレグラフで「都市封鎖は、国民の生命を守るよりもむしろ多くの死亡者を出す結果を招いている」と英国での都市封鎖に異を唱え、「専門家が統計を誤って読み解き、新型コロナウイルス感染症の実際の疫学を誤ってモデル化している」と指摘している。

レヴィッド教授は、疫学は専門外であるものの、20年1月に中国で新型コロナウイルスの感染が拡大した際、武漢市の感染者数と死亡者数のデータを独自に分析し、「新型コロナウイルス感染症による死亡者数は3250名程度にとどまる」との精緻な予測に成功した。

レヴィッド教授の分析では、新型コロナウイルス感染症が発生すると、都市封鎖など、感染拡大防止のための措置が講じられるか否かにかかわらず、「2週間にわたって指数関数的に感染者数と死亡者数が増加したのち、増加ペースが鈍化する」という数理パターンが認められたそうだ。レヴィッド教授は、このような分析から、「ファーガソン教授は、コロナウイルス感染症による死亡者数を10倍から12倍多く見積もっている」との見解を示している。

「英国政府は、ファーガソン教授の予測におびえて都市封鎖を実施した」

英投資銀行JPモルガンのストラテジストのマルコ・コラノヴィッチ博士も、英タブロイド紙デイリー・メールで「英国政府は、ファーガソン教授の予測におびえて都市封鎖を実施したが、その効果は極めて限定的であった」と指摘している。

JPモルガンが5月20日に発表したレポートでは、都市封鎖を実施した多くの国において、都市封鎖を解除した後、一日あたりの新規感染者数が減少している点を挙げ、「新型コロナウイルスには、感染拡大防止のための措置とは無関係の独自の動力学があるのかもしれない」と考察している。

英国政府では、5月11日、都市封鎖を3段階にわたって緩和していくロードマップを公表し、これまでに外出制限の一部を緩和しているが、全面的な解除までにはまだ相応の時間がかかりそうだ。

ニュース速報

ビジネス

日産、中国市場に今後5年で新型車継続投入へ=内田社

ビジネス

米大統領選テレビ討論会が焦点、不安定な値動きも=今

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ワールド

北朝鮮、韓国艦艇による射殺男性の遺体捜索活動を非難

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月