最新記事

日本に迫る医療崩壊

「命の選別」を強いられるアメリカの苦悩

WHO WILL DOCTORS SAVE?

2020年5月1日(金)18時00分
フレッド・グタール(サイエンス担当)

病院前の仮設テントで検査を受ける医療スタッフ(ニューヨークのセントバーナバス病院) Misha Friedman/GETTY IMAGES

<人工呼吸器の数が全く足りないなか医師は何を基準に救う患者を選ぶのか、選別基準の指針作りが進められている>

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で死者数が増加の一途をたどるなか、世界は容易に答えの出ない難問に直面している。「医療資源の配分」だ。

医療を施さなければ死ぬと分かっている患者に医療を施さない──そう聞けば冷酷極まりない行為のようだが、現実にはそうした結果につながる決定は日常的に行われてきた。

民間の保険会社が保険申請を却下することや、トランプ米政権がオバマケア(医療保険制度改革)を事実上廃止に追いやったこともその一例なら、米政府が過去10年余り新興感染症の対策関連予算を削減してきたこともそうだ。アメリカで中国やイタリアをしのぐ世界最大の感染爆発が起き、医療崩壊の危機が目前まで迫っているのも、部分的にはこの予算削減のせいだ。

これから5月初めにかけてアメリカで第1波の感染拡大がピークを迎え、重症者がどっと病院に運び込まれれば、治療を受けられずに亡くなる患者が相次ぐ恐れがある。

問題は、自身の免疫力でウイルスを撃退できるまで、どうやって患者を生き永らえさせるかだ。そのためには多くの場合、人工呼吸器を気管挿管し、患者の肺に人工的に酸素などを送り込む処置が必要になる。

医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン掲載の分析によれば、アメリカには約16万台の人工呼吸器がある。加えて、テロや公衆衛生上の緊急事態に備えた「戦略的国家備蓄」としてのストックが8900台。米疾病対策センター(CDC)の推定によると、アメリカでは新型コロナウイルス感染症で240万〜2100万人の入院患者が出て、そのうち10〜25%に人工呼吸器を装着する必要がある。

単純計算すると、最悪の場合、1台の人工呼吸器に対して31人の患者が使用を待つことになり、最善の場合でも14人の患者に対して使用可能な人工呼吸器は10台しかないことになる。感染者が多い地域はもっと悲惨なことになるだろう。

危機のさなかに、医師は誰を救い、誰を見放すかをどう決めるのか。

生命倫理の専門家は目下、医師が公平な判断を下せるよう指針作りを進めている。人種、宗教、資産、障害の有無で決めてはならないことは誰しも認める。では何を基準にすべきなのか。

「非常に不公平な医療資源の配分は既に行われている」と、ハーバード大学の生物倫理学者ロバート・トゥルオグは言う。「貧しい無保険者は必要な医療を受けられていない。ただ表沙汰になっていないだけだ」

とはいえトゥルオグも指摘するように、人工呼吸器を装着するか否かは生死に直結する。医療資源の配分がそのまま「命の選別」になる。

ニュース速報

ビジネス

米、温室ガス30年に半減へ 中国は石炭減 気候変動

ビジネス

バイデン氏、キャピタルゲイン増税提案へ=BBG

ワールド

英、アストラ製ワクチン接種後の血栓症報告は168件

ビジネス

米共和党、5680億ドルのインフラ投資計画発表 増

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 6

    子どもの自己肯定感を高める、あるアイテムと深い理由

  • 7

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 8

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 9

    【動画】旅客機の空中「チキンレース」

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月