最新記事

トランプ

トランプのブゥードゥーコロナ対策が米医療を引っ掻き回す悲劇

Coronavirus: Trump Questions New York's Need For 300,000 Masks, Accuses Hospitals Of Hoarding Ventilators

2020年4月6日(月)17時45分
アーサー・ビラサンタ

専門家のファウチ博士(壇上)に質問しようとした記者を止めたトランプ。都合の悪い質問だったからだ(4月5日、ホワイトハウス)Joshua Roberts-REUTERS

<病院が人工呼吸器をためこんでいる、貴重な資材が横流しされている、人工呼吸器より効く薬(未承認)がある──新型コロナウイルスと戦う病院をトランプが攻撃。非難の矛先をそらすいつもの手か>

ドナルド・トランプ大統領は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の大流行で大打撃を受けているニューヨーク州や市に対して敵意ある発言を続けている。連邦政府に人工呼吸器やマスクの不足を訴えてきたニューヨークに対し、なぜそんなに大量の医療物資が必要なのかと問い、一部の病院が「買い占めている」に違いない、と非難した。

病院を告発したものの、トランプは証拠を出さず、病院名も明かさなかった。トランプに批判的な人々は、政権の混乱した危機対応に批判が集まっていることから、責任追及の矛先が自分に向かないよう、別に犯人を仕立てあげようとしているのだ、と指摘している。トランプの常套手段だ。

「一部の医療従事者や一部の病院が......人工呼吸器などの医療品を買いだめしている」と、トランプは3月29日、企業幹部との会議の後、ホワイトハウスの記者会見で主張した。「人工呼吸器を使う予定のない病院は、すぐに手放すべきだ」

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ州知事とビル・デブラシオ市長(どちらも民主党)はトランプに激しく論戦しを繰り広げ、マスクをため込んでいると二人を非難した。

<参考記事>「アメリカの医療システムは新型コロナの津波に呑み込まれる」(ニューヨーク州知事)

マスク需要の急増はおかしい

マスクについても、ニューヨーク市などでマスク需要が急増したのはおかしい、とトランプは疑問を口にした。そして報道陣に「何かおかしなことが起こっている」「それを調べるべきだ」と言った。

「いったいどうしたら必要なマスクがどんどん増え、10枚、20枚から3万枚、30万枚になるのか。いくら非常時だからといっておかしな話だ」と、トランプは問いかけた。「何かが起こっている。マスクはどこに行ったんだ? 不正に横流しされているんじゃないか? 週に1万枚必要だという話から、どうして30万枚になる? そんなことがあちこちで起きているんだ」

さらにトランプは、人工呼吸器など非常に重要な物資を「多くの州が溜め込んでいる」と主張、「そのことを認めない州もある」と語った。根拠は何も示していない。

<参考記事>FOXニュースで医師がトランプのコロナ対応を酷評

ニュース速報

ビジネス

英新車販売台数、5月は89%減 1952年以来の低

ビジネス

カーニバル傘下プリンセス・クルーズ、一部運航休止を

ワールド

米国は今後も報道の自由尊重すると期待=英外相

ワールド

香港立法会、国歌条例を可決

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月