最新記事

アメリカ社会

コロナ感染爆発のニューヨーク、「医療崩壊は不可避」と州知事

Almost Any Coronavirus Scenario Will Overwhelm New York Hospitals, Gov Says

2020年3月27日(金)16時15分
ジェニ・フィンク

新型コロナ感染拡大の最前線となったニューヨーク州は、1日の死者が100人にのぼる危機モードに(写真は3月25日、マンハッタン) Carlo Allegri-REUTERS

<全米でもいち早く新型コロナ危機に目覚めたニューヨーク州のクオモ州知事が、毎日の記者会見で迫り来る運命を州民に語り、協力を求めながら対策を進めててきた医療崩壊との戦い>

米ニューヨーク州では新型コロナウイルスの感染者が急増しており、同州のアンドリュー・クオモ知事は3月26日の会見で、さらなる病床の確保が急務だと指摘。「今後どのようなシナリオでも、現在の医療システムの受け入れ能力では足りないのは明らかだ」と語った。

クオモは会見の中で、可能な限り感染者の増加を抑えるという目標は変わらないが、現時点では、病院が適切に対応できるレベルに抑えるのは無理だと説明。そのため、既存の施設を一時的に病院として使用することで病床を増やせないか、検討しているところだと語った。

現在、米陸軍工兵隊がニューヨーク市の見本市会場ジャビッツ・センター、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校、多目的アリーナのウェストチェスター・カウンティセンターとニューヨーク州立大学オールド・ウェストバリー校のキャンパスに仮設病院を設立中。この4カ所に加えて、当局がさらに仮設施設の建設地を探しているところだという。最終的にはマンハッタンの5つの区すべてと、隣接するナッソー、サフォーク、ウェストチェスターおよびロックランドの各郡にそれぞれ1000床以上を確保することが目標だ。

病床を5万から14万に

ニューヨーク州は新型コロナウイルスの感染拡大が米国内で最も深刻で、ジョンズ・ホプキンズ大学によれば国内の感染者6万9246人のうち3万3000人以上を占めている。ほかの州に比べて死者の数も最も多く、これまでに少なくとも353人が死亡した。

クオモはまた、同ウイルスに感染しても大部分の患者は大がかりな治療を受けずに回復できるが、約15%の患者は入院の必要が生じると説明。65歳以上の高齢者や持病のある人など抵抗力の弱い人々が、入院する可能性が高いとした。

感染の拡大を抑えるために、クオモは住民同士の接触を制限する複数の措置を導入。レストランやバーの営業はテイクアウトか宅配サービスのみに限定し、規模にかかわらず全ての集会を禁止し(食料品店や薬局などの)。生活必需品を除く全ての店舗の閉鎖を命じた。

並行して、病院の受け入れ能力を拡大するための手も打っている、とクオモは説明。寮やホテルなどの既存の施設を病院として使うだけでなく、各病院に対しては、受け入れ能力を現在の1.5倍から2倍に増やすよう求めた。最終的には病床数を現在の5万3000床から14万に増やしたい考えだ。

<参考記事>「アメリカの医療システムは新型コロナの津波に呑み込まれる」
<参考記事>3Dプリンターとシュノーケリングマスクで人工呼吸器の試作に成功、伊ベンチャー

ニュース速報

ビジネス

英BP、第3四半期は黒字転換 需要低迷で川下部門が

ビジネス

ノバルティス、通年の利益見通し引き上げ 第3四半期

ビジネス

富士通、4―9月期営業利益は12.4%減 コロナで

ワールド

インタビュー:景気回復の兆し、現時点で追加緩和は不

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇を観測

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月