最新記事

テクノロジー

3Dプリンターとシュノーケリングマスクで人工呼吸器の試作に成功、伊ベンチャー

3D-Printed Valve Turns Snorkeling Mask Into Working Hospital Ventilator

2020年3月26日(木)14時35分
ジェイソン・マードック

市販のシュノーケリングマスクが3Dプリンターで人工呼吸器に変身 Isinnova

<医療崩壊に苦しむイタリアで速攻開発、特許は公開して新型肺炎で苦しむ患者に届けたい>

新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大しているイタリアで、あるテック系スタートアップ企業が3Dプリント技術を使ってシュノーケル用のフェイスマスクを人工呼吸器に使う技術を開発。画期的なアイデアに称賛の声が上がっている。

クリスチャン・フラカッシが創業した3Dプリンター事業のスタートアップ企業イシンノーバ(Isinnova)は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の治療に使う人工呼吸器が不足していることに着目。自社の3Dプリント技術を使い、シュノーケリングマスクと人工呼吸器をつなぐ医療用バルブの試作に成功した。

イシンノーバはこのバルブの特許権を取得したが、誰でも複製できるよう設計図を公開している。開発チームのブログによれば、実用実験はこれまでのところ上々だ。

イタリアは中国を除けば新型コロナウイルスの感染者が最も多く、これまでに6万9000人以上の感染が確認されている。全土で市民の外出や移動を制限する封鎖措置(ロックダウン)が取られているが、人工呼吸器などの医療機器の不足が深刻だ。

ロンバルディアの医師のアイデア

3Dプリンターを使うという最初のアイデアは、医療崩壊が深刻な北部ロンバルディア州にあるガルドーネ・バル・トロンピア病院の元医長レナート・ファベロがイシンノーバ社に持ち込んだ。

このアプローチが斬新なのは、市販のシュノーケルを人工呼吸器に適合させた点。今回イシンノーバが使用したのは仏デカトロン社製のシュノーケリング用マスク「イージーブレスEasybreath」だ。

「デカトロンは協力に前向きで、すぐに私たちが指定したマスクの設計図を提供してくれた。私たちはマスクを分解して研究し、人工呼吸器につなぐためのバルブを設計した。これをシャーロット・バルブと名づけ、すぐに3Dプリンターで複製した」とイシンノーバの開発チームは説明する。

同社はこのバルブについて、まだ「未承認の装置」だが、地元のキアーリ病院での実用実験で効果が認められたという。

ニュース速報

ビジネス

アングル:アジアのジャンク債、米国債の混乱で注目の

ビジネス

日経平均は反発、円安を好感 バリュー株物色が下支え

ビジネス

午後3時のドルは109円前半、9カ月ぶり高値

ビジネス

英宅配デリバルー、ロンドン上場へ 約7年ぶり大型案

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は......

  • 2

    アメリカの不用品セールで買った茶碗、5400万円超の中国の骨董品だった

  • 3

    大量の溶岩流に1000メートル以上の噴煙... それでも地元住民はへっちゃら?

  • 4

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 5

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 6

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 7

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 8

    世界の人々が実践している幸せになるための8つの秘訣

  • 9

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月