最新記事

テクノロジー

3Dプリンターとシュノーケリングマスクで人工呼吸器の試作に成功、伊ベンチャー

3D-Printed Valve Turns Snorkeling Mask Into Working Hospital Ventilator

2020年3月26日(木)14時35分
ジェイソン・マードック

市販のシュノーケリングマスクが3Dプリンターで人工呼吸器に変身 Isinnova

<医療崩壊に苦しむイタリアで速攻開発、特許は公開して新型肺炎で苦しむ患者に届けたい>

新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大しているイタリアで、あるテック系スタートアップ企業が3Dプリント技術を使ってシュノーケル用のフェイスマスクを人工呼吸器に使う技術を開発。画期的なアイデアに称賛の声が上がっている。

クリスチャン・フラカッシが創業した3Dプリンター事業のスタートアップ企業イシンノーバ(Isinnova)は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の治療に使う人工呼吸器が不足していることに着目。自社の3Dプリント技術を使い、シュノーケリングマスクと人工呼吸器をつなぐ医療用バルブの試作に成功した。

イシンノーバはこのバルブの特許権を取得したが、誰でも複製できるよう設計図を公開している。開発チームのブログによれば、実用実験はこれまでのところ上々だ。

イタリアは中国を除けば新型コロナウイルスの感染者が最も多く、これまでに6万9000人以上の感染が確認されている。全土で市民の外出や移動を制限する封鎖措置(ロックダウン)が取られているが、人工呼吸器などの医療機器の不足が深刻だ。

ロンバルディアの医師のアイデア

3Dプリンターを使うという最初のアイデアは、医療崩壊が深刻な北部ロンバルディア州にあるガルドーネ・バル・トロンピア病院の元医長レナート・ファベロがイシンノーバ社に持ち込んだ。

このアプローチが斬新なのは、市販のシュノーケルを人工呼吸器に適合させた点。今回イシンノーバが使用したのは仏デカトロン社製のシュノーケリング用マスク「イージーブレスEasybreath」だ。

「デカトロンは協力に前向きで、すぐに私たちが指定したマスクの設計図を提供してくれた。私たちはマスクを分解して研究し、人工呼吸器につなぐためのバルブを設計した。これをシャーロット・バルブと名づけ、すぐに3Dプリンターで複製した」とイシンノーバの開発チームは説明する。

同社はこのバルブについて、まだ「未承認の装置」だが、地元のキアーリ病院での実用実験で効果が認められたという。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月