最新記事

テクノロジー

3Dプリンターとシュノーケリングマスクで人工呼吸器の試作に成功、伊ベンチャー

3D-Printed Valve Turns Snorkeling Mask Into Working Hospital Ventilator

2020年3月26日(木)14時35分
ジェイソン・マードック

ラ・スタンパ紙によれば、同社はシャーロット・バルブの前にも3Dプリンターでバルブを製造したが、これは既存のバルブの設計を基にしたもので、特許侵害で訴えられそうになった。

そのためシャーロット・バルブについては「すぐに特許を取得することを決めた」という。「ただし、特許使用料は取らない。当社の技術を必要とする全ての病院が、それを使えるようにすることが願いだから」

同社のウェブサイトには、バルブの手書きの設計図と3Dプリントの手引きが掲載されている。デカトロンが仏地方紙La Voix du Nord(北の声)に対して語ったところによれば、パリにある病院もイージーブレスのマスクを使った人工呼吸器の試験導入を行っている。

フラカッシは、ソーシャルメディアにこう書いている。「このバルブを作ってみて、人々には助けが必要だということ、私たちが作業を止める訳にはいかないことに気づいた」

また「全てのテストの結果を待ちたいが、時間は限られている」と書いた上で、こう訴えている。「医師や看護師、病院の皆さん、この呼吸器用マスクを広めて、調べて、改善に協力してください」

ニュース速報

ビジネス

EV駆動用モーター、内製化に必要な会社を買収へ=日

ワールド

印中の国境地帯で「小競り合い」が発生=インド軍

ビジネス

世界の生保、コロナ関連申請に待機期間 後遺症など不

ワールド

イタリアのコンテ首相、近く辞任し新政権樹立目指す=

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 6

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 7

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 8

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 9

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 10

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月