最新記事

野生動物

豪森林火災後も死に続けるコアラたち

Scientists find burnt, starving koalas weeks after the bushfires

2020年3月18日(水)18時19分
ロマーヌ・H・クリステスク、セリーヌ・フレール

火災後に死んだコアラを調べるクリステスク博士 DetectionDogs for Conservation

<焼け野原となった生息地で救助チームが発見したのは、ひどい火傷を負い、住む場所も食べ物も失ったコアラだった>

昨年9月からオーストラリア南東部で続いた過去最大の森林火災で、コアラが受けた被害は国内外で大きく報道された。現在、火災は終息の方向に向かっているが、野生生物の危機的状況はまだ終わっていない。炎を生き延びたコアラも飢えや脱水、煙の吸引、その他の危険で死にかけている。

私たち「自然保護のための探知犬」チームは過去3週間、ある野生動物保護施設で救助活動を行った。その間、火災による倒木に押しつぶされたコアラや、火災が通過した後、食べ物を探すためにまだ煙がくすぶる地表に降り、手足に火傷を負ったコアラを何頭も発見した。つい先日見つけたコアラの子供は親を失い、やせ衰え、手足の肉球が焼けただれていた。

負傷がもとで感染症になったり、火災の煙を吸いこんだことが原因で死亡するリスクもある。ケガをしていないコアラも、焼け野原になった生息地で食べ物を見つけるのは難しく、飢えに直面することもある。

コアラの死をこれ以上増やさないために行動する時間がはまだある。ただし、そのためには人々の助けが必要だ。

今すぐ救いの手が必要

干ばつ、気候変動、土地の開発による水と餌の不足で、コアラはすでに生存を脅かされていたが、オーストラリア南東部の火災は、コアラの生息地を広範囲に破壊した

ニューサウスウェールズ州で最近発生した火災だけでも、推定5000頭のコアラが死亡したとみられている。3頭に1頭が犠牲になった計算だ。

私たちは、助けを必要とする野生生物を見つけるために犬を訓練し、現場に送り込んでいる。

昨年11月以来、私たちは探知犬をニューサウスウェールズ州とクイーンズランド州の火災現場にほぼ毎週連れて行き、生き残ったコアラを探してきた。今回、コアラ探しに参加した探知犬ベアは、コアラの糞だけでなく、コアラ自体を見つけるように訓練されている。

コアラ探知犬ベア


国際動物福祉基金は、私たちの団体と、地元の野生生物救助団体やその他のコアラ保護活動家との活動調整を支援している。

森林火事が収まっても、焼け野原になった生息地には食物や水が不足し、体を隠す樹木もなくなってしまうため、コアラの生存に適さない場所になることが多い。日差しを遮る木陰がなければ、コアラは体温が上がり過ぎて死んでしまう。

コアラ探しは、そう簡単ではない。コアラは森に紛れ込むのがうまく、静かで、たいていの場合、じっと動かずにいる。しかし犬は、人間の目に見えないものの匂いを探知することができる。犬と熱探知カメラを装備したドローンを組み合わせると、コアラの発見率は大幅に上昇する。

火災で死亡したコアラはほとんどが灰と化し、死亡数として数えられていないと私たちは考えている。しかし昨年11月以来、39日間の捜索で、私たちはケガや病気、脱水、飢餓に苦しむコアラを40頭以上、そして悲しいことに死んだコアラを6頭発見した。

また、火災の前にコアラが暮らしていた樹々のところに戻っても、木陰を作る上部の枝葉が完全に燃え落ちているという状況も目にした。焼失を免れた小さな区画で生き延びるコアラもいるが、生息に適さない広大な土地に囲まれて、孤立した状態だ。

火災現場で生きたコアラを見つけた場合、私たちは保護を試み、地域の野生生物トリアージ・センターまたはコアラ「病院」に搬送して、獣医の診断を受ける。火傷は見ればわかるが、火災の煙を吸いこんでいるかどうかはわからない。状態の悪いコアラは、完全に回復するまで治療を続けなくてはならない。

この3週間でずいぶん悲惨な光景を目にした。スノーウィー・マウンテンズでは、火災を生き延びた2頭のコアラが、倒れた木に押しつぶされて死んだ。そのうち1頭は最初、倒れかけた木の上にいて、助けたくても助けられない状態で2日間が過ぎた。そして3日目に、倒れた木に押しつぶされて死んだ。

つい先日も、足に火傷を負ったコアラを発見した。私たちが救出しなければ、このコアラは木に登ろうとして激しい痛みに苦しみ続けただろう。最近助けた孤児のコアラは手足に火傷を負い、極限まで痩せ細って体重は2キロしかなく衰弱しきっていた。

火災で死んだコアラを見ることは、覚悟していた。だが実際には、火災を生き延びた後に死んだコアラを見るほうが辛かった。もっとたくさんの犬と、もっと大規模なチームで探していれば、救えたのではないかと考えずにはいられなかった。

募金で可能性を広げる

コアラの捜索救助チームは、探知犬ベアとそのハンドラー、ドローンの操縦士、コアラを捕獲するスタッフで構成されている。こうした活動には金がかかる。これまでの活動の資金はすべて国際動物福祉基金から提供されてきた。

さらなる救助活動の費用をまかなうために、私たちはオンライン募金活動を立ち上げた。また今年の経験から、火災のシーズン前に機材やチーム、予算を確保するなど、来年の活動をより効率的にする方法を学んでいる。この募金でそれが可能になることを願っている。

壊滅的な火災の後で、生き残ったコアラを救い、元の状態に回復させることが重要だ。コアラの繁殖はゆっくりとしている。今年、より多くのコアラが救助され、繁殖できれば、コアラの数の増加は速くなる。そして、私たちが救うコアラはすべて、特定の遺伝子構造をもっている。この遺伝的多様性を保存することは、将来、種としてのコアラが新たな試練に直面した時に役に立つだろう。

(翻訳:栗原紀子)

The Conversation

Romane H. Cristescu, Posdoc in Ecology, University of the Sunshine Coast and Celine Frere, Senior lecturer, University of the Sunshine Coast

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

ワールド

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで

ビジネス

米国株式市場=大幅続伸、積極利上げ観測後退

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 4

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった....…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 9

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 10

    こっそりカンボジアに拠点を作った中国人民解放軍に…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月