最新記事

新型コロナウイルス

【新型肺炎】東京五輪開催、間に合うか? ロンドンが代替開催に名乗り

Will the 2020 Olympics be Cancelled?

2020年2月20日(木)17時40分
ダン・キャンチアン

2月15日には東京都羽村市のスポーツセンターを出発点に聖火リレーのリハーサルが行われた Issei Kato-REUTERS

<もし中止になれば、大戦中以外ではなかった近代オリンピック初の歴史を作ることになる>

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。もしも東京五輪がこの春行われる予定だったら、中止に追い込まれていただろう。

日本の著名なウイルス学者である東北大学の押谷仁教授はそんな厳しい見方をしている。押谷によれば、選手、スタッフ、観客、メディアの安全を守るために有効な戦略を立てることが主催者の優先課題だ。

「7月末に日本がどういう状況になっているかは予断を許さない」と、押谷は19日に外国人記者クラブで語ったと、共同通信が伝えた。

「安全なオリンピックにするために最善の方法を見いだす必要がある。(今なら)五輪開催は難しいだろうが、7月末までには状況が変わっているかもしれない」

東京五輪は7月24日から8月9日まで開催される予定だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、各国で代表選考会が中止か延期される事態が相次いでいる。

<参考記事>新型コロナウイルス、初の死者で「信認低下」懸念 東京五輪中止の悪夢も

IOCは開催に強気

オーストラリア、台湾、タイ、中国で女子サッカーの代表決定戦が中止され、今年3月に中国・南京で開催される予定だった世界室内陸上競技選手権は来年に延期された。4月に上海で行われる予定だった自動車レースのフォーミュラ1(F1)中国グランプリも延期が決まった。

中国中部・湖北省の武漢で始まった新型コロナウイルスの集団発生で既に2000人を超える死者が出ている。

ドイツの統計調査会社スタティスタ提供のマップが示すように、新型コロナウイルスはアメリカ、カナダ、日本、台湾、オーストラリア、イギリスなど世界の20カ国以上に広がっている。

日本国内での死者は今のところ3人だ。

国際オリンピック委員会(IOC)は、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)は予定どおり開催できると楽観的な見通しを述べている。

「2020東京オリンピック競技大会に向けた準備は計画どおりに進む」と、IOCは本誌に書面で回答した。

「安全面で万全を期すため、感染症対策は2020東京大会の重要な柱の1つとなる。感染症のあらゆる事例を慎重にモニターしている関連機関と引き続き連携を取り、必要と見られるあらゆる対策を検討していく」

<参考記事>感染症予防の意識が低すぎる日本企業の「働かせ方」にも改革が必要だ

ニュース速報

ワールド

南ア、都市封鎖を一部解除 経済活動の再開目指す

ビジネス

4月の一般会計税収、前年同月比29.4%減=財務省

ビジネス

日経平均は反発、約3か月ぶりに2万2000円回復

ワールド

新型コロナ、東京都で新たに13人感染=報道

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月