最新記事

ヘイトクライム

マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

Asian Woman Allegedly Attacked in New York for Wearing Protective Mask

2020年2月6日(木)13時40分
イワン・パーマー

新型コロナウイルスの流行で、マスク姿のアジア人が差別の対象に?(写真は2月4日、香港) Tyrone Siu-REUTERS

<地下鉄の駅で女性が「病気持ち」「俺に触るな」と罵倒され殴る蹴るの暴行を受けた。アジア人のマスク姿が恐ろしいものに見え始めているのか>

ニューヨークの地下鉄の駅で、男がマスク姿の女性に暴行を加える事件が発生した。ニューヨーク市警(NYPD)は、新型コロナウイルスに関連したヘイトクライム(憎悪犯罪)の可能性があるとして、女性に被害を届け出るよう呼びかけている。

NYPDは、事件の様子を捉えた動画をソーシャルメディアで共有。マンハッタンのグランドストリート駅のなかを走る女性の前に突然男が立ちはだかり、手や脚や傘で殴る蹴るの暴行をするのが映っている。「俺に触るな」と、怒鳴る声も入っていた。

この動画を最初にフェイスブックに投稿したのは、ジン(匿名)という女性。それがオンラインメディアの「ネクストシャーク」が取り上げられて一気に拡散した。男はアジア系のこの女性がマスクをつけているのに気づくと、女性を「病気持ちのクソ女」と呼んだという。

新型コロナウイルスの感染予防のためにマスクをつけている人々を差別するものと思われる。同ウイルスは2019年12月に中国・湖北省の武漢で最初に感染が確認されて以降、世界各地に広まっており、これまでに2万8000人以上が感染し、500人以上が死亡している。

<参考記事>白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら中国人差別と非難されて閉店に

マスク姿は「狙われる」

ジンは、現在は削除されたフェイスブックへの投稿の中で、「女性が黙っていると、男は女性に顔を近づけて彼女を脅そうとした」と書いている。「そして女性が『あっちに行って』と言うと、男は彼女の頭をものすごく強く殴って去っていった。私はこの時点から、男の顔を映そうと録画を始めた」

「女性が傘で殴られているのに、私が男を止めるまで誰も何もしなかった。男はその後すぐに走って駅を出ていった。今ニューヨークでマスクをつけていると狙われるのだと思う。みんなも気をつけて欲しいし、ほかの人のために立ち上がって欲しい」

<参考記事>新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

ニューヨーク在住のアジア系男性トニー・ホーも、暴行の様子を捉えた動画をツイッターに投稿した。

「多くのアジア人はコロナウイルスの感染が流行するずっと前からマスクをつけているのに」と、彼はツイートした。「危機が起こったとたん、マスクを脅威と感じるようになった」

ヒジャブをかぶったイスラム女性が各国で恐怖の対象になったように、今やマスク姿のアジア人が怖い、というわけだろうか。

さらに彼はこう続ける。「アジア人が事件に巻き込まれても、その情報は広まらない。みんなアジア人は従順で気が弱いと思っていて、アジア人に『何かが起こるなんてありえない』と思っている。だから実際にその『何か』が起こっても、うやむやにされて闇に葬り去られる。こういう動画だって、本物かどうかをまず疑問視される」

この動画を見たニューヨーク市警のヘイトクライム特別対策班は、暴行はヘイトクライムにあたる可能性があると指摘。「警察が本格的な捜査に着手できるよう、被害を届け出て欲しい」とツイッターで呼びかけた。

(翻訳:森美歩)

20200211issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月11日号(2月4日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集。歌人・タレント/そば職人/DJ/デザイナー/鉄道マニア......。日本のカルチャーに惚れ込んだ韓国人たちの知られざる物語から、日本と韓国を見つめ直す。

ニュース速報

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

ワールド

焦点:富裕国の仁義なき「ワクチン争奪戦」、対コロナ

ワールド

ロシア・中国・イランが米大統領選に介入、情報当局が

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に団結する中東諸国

  • 4

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 5

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 6

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 7

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 8

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 9

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 10

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 6

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 7

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月