最新記事

ポーランド

右傾化するポーランド、LGBT差別政策導入で問題に

2020年2月18日(火)17時15分
モーゲンスタン陽子

雑誌で「LGBTフリーゾーン」のステッカーを付録にし物議を醸した...... Kacper Pempel-REUTERS

<保守化・右傾化が進むポーランドでは、全国80以上の地方自治体で性的マイノリティへの差別的政策の導入が進められている......>

保守化・右傾化が進むポーランドで、性的マイノリティへの差別的政策の導入が進められている。全国80以上の地方自治体がLGBTなどの「異質のイデオロギー」を受け入れないとする「LGBTフリーゾーン」を宣言している。これに対し欧州議会は、昨年12月末、賛成463対107(棄権105)でこれを非難、EUの資金が差別行為などに用いられないよう監視するとポーランドに通告した。

LGBTは「輸入されたイデオロギー」

一連の論争は昨年2月、リベラル寄りのワルシャワ市長ラファウ・トゥジャスコフスキがLGBTの権利を保障する声明に署名したのが発端だ。市長がWHOのガイドラインに沿ってLGBTを学校の性教育に取り入れることを宣言すると、保守系の政治やメディアが激怒。

地元の保守活動家ヤセク・コトゥラは、「LGBTフリーゾーン」運動を率い、「LGBTは異常で、病んだ少数派が健全な社会の主流に自分たちを押しつける試みのように思える」とテレグラフに語っている。「熱心なクリスチャン」のコトゥラによると、LGBTは「雌鶏を襲うキツネ」であり「孫の世代のために西洋の退廃と俗化と戦っている」という。

ポーランドでは、国土の約3分の2、あるいは南東部を中心に80以上の自治体がいわゆる「LGBTフリーゾーン」を宣言している。これらの地域では、寛容を説く行為や、平等を推進するNGOなどへの資金援助が禁じられている。

また、与党「法と正義(PiS)」党首で前首相のヤロスワフ・カチンスキは、ワルシャワ市長の声明は「家族と子供たちに対する攻撃」であり、LGBTはポーランドを脅かす「輸入された」イデオロギーであると述べた。

7月には、ポーランド東部ビャウィストクでのゲイ・プライド・パレードでLGBTのアクティビストたちが行進を始めると、一部の観衆が石や卵を投げ始め、また汚い罵り言葉を叫んだ。警察は催涙ガスで対抗、30人以上が逮捕された。

さらに同月、与党派の雑誌『ガゼタ・ポルスカ』(発行部数11万)が、LGBTコミュニティを象徴するレインボーカラーの上に大きな黒いバツ印をのせ、「LGBTフリーゾーン」と書かれたステッカーを付録として発売。これについては野党や性的マイノリティの権利擁護団体だけでなく、駐ポーランド米大使からも非難の声が上がり、さらに、裁判所によって販売の一時差し止めが命じられた。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

インドとパキスタンが極秘会合、カシミール地方の緊張

ビジネス

米ウーバー、9月中旬までにオフィス勤務再開へ

ワールド

ブラジル・サンパウロ州、コロナ重症患者の治療「崩壊

ビジネス

米スペースX、11.6億ドル調達 新株発行で

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 3

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 4

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 5

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 6

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 7

    ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

  • 8

    飲食店の「違反営業」許さず! 米市当局の過激な実力…

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月