最新記事

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス死者、過去最多の1日108人 中国、春節明けも企業活動厳しく

2020年2月11日(火)17時42分

中国では新型肺炎の死者が1000人を突破した。10日から企業や工場が再開したが、感染拡大への懸念から本格稼働には至っていない。長期にわたる「マヒ状態」の影響で、企業の間では資金繰りに支障をきたしたり、人員削減の動きも出始めた。湖北省武漢で1月20日撮影(2020年 ロイター)

中国では新型肺炎の死者が1000人を突破した。10日から企業や工場が再開したが、感染拡大への懸念から本格稼働には至っていない。長期にわたる「マヒ状態」の影響で、企業の間では資金繰りに支障をきたしたり、人員削減の動きも出始めた。

中国国家衛生健康委員会(NHC)は11日、新型コロナウイルスによる肺炎で10日に国内で108人が死亡したと発表した。1日の死者数としては、12月に湖北省武漢市でウイルスが発生して以来の最多を更新した。死者数の累計は1016人と、1000人を突破した。

国内の感染者数は4万2638人となった。ただ新たに感染が確認されたのは2478人と、前日の3062人から2割近く減少した。1日の感染件数が前日から減少したのは、ここ2週間で2回目となる。

しかし世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日、中国に渡航歴のない患者からの感染について「懸念される症例」が出ているとし、「より大きな火事を引き起こす火花になり得る」と指摘した。

WHOと中国の保健当局によると、中国本土以外の24カ国・地域で319件の感染例が確認されている。中国本土以外の死者は2人で、香港とフィリピンで報告されている。

湖北省保健当局の11日の発表によると、10日に省内で確認された新たな感染例は2097人で、死者は103人だった。

湖北省政府は、同省衛生健康委員会の張晋・党組書記と劉英姿・主任をともに解任した。国営の中国中央テレビ局(CCTV)が伝えた。理由は明かされていない。

約6000万人の人口を擁する同省は、空と陸の交通など事実上の封鎖状態が続いている。

経済への影響

銀行関係筋によると、中国では300を超える企業が新型コロナウイルスの影響を和らげるため、少なくとも574億元(82億ドル)の銀行融資を申請している。

融資を求めているのは新型ウイルス対策に関与している企業やウイルス感染拡大によって大きな打撃を被っている企業で、ネット出前サービスの美団点評やスマートフォンメーカーの小米科技(シャオミ)、配車サービスの滴滴出行、 顔認証技術のメグビー・テクノロジーズ、セキュリティーソフト最大手の奇虎360科技も含まれるという。

広告などを手掛ける新潮傳媒は10日、従業員の10%余りに当たる500人の人員削減を実施したと発表。外食チェーンの西貝は、従業員約2万人の給与支払い方法について懸念を示した。

ニュース速報

ビジネス

ドル横ばい、新型ウイルス懸念巡り株式市場に連動=N

ビジネス

米国株市場はダウ・S&Pが5日続落、新型肺炎巡る懸

ワールド

米NY市で数十人が新型ウイルス検査、陽性確認されず

ワールド

ドイツ、追跡不能の新型ウイルス感染増 保健相「流行

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は帰国後隔離へ

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 5

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 6

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 9

    新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザ…

  • 10

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 7

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 8

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月