最新記事

インドネシア

SB孫会長、ブレア元英首相らインドネシア首都移転の「顔」に 投資期待も移転は実現可能?

2020年1月21日(火)18時05分
大塚智彦(PanAsiaNews)

首都移転にコミットすることになった孫正義は、昨年7月にインドネシアを訪問、ジョコ・ウィドド大統領と会談をしていた Antana Foto Agency - REUTERS

<2024年に首都を移転すると発表したインドネシア政府が、その運営委員として孫正義をはじめ、著名政治家、実業家を発表したが──>

インドネシア政府が進めている首都移転問題に関連してソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が移転を促進する運営委員会の委員に任命され、国際社会からの移転費用を賄う投資促進の「引き立て役」としての役割を担うことが明らかになった。孫会長は委員就任と同時に、自らも首都移転に多額の投資を行う方針も示しており、日本企業が首都移転に一役買うことになった。

1月17日、インドネシア政府のルフト・パンジャイタン海事・投資担当調整相は記者団に対し「ソフトバンクの孫会長が首都移転関連の運営委員会のメンバーに任命された」ことを明らかにするとともに「孫会長から300~400億ドル(約3兆3000億円~4兆4000億円)規模の投資をするとの提案を受けた」と明らかにした。

孫会長はこれに先立つ10日にジャカルタを訪問してルフト調整相やジョコ・ウィドド大統領と会談。インドネシア政府が2019年8月に正式に表明した現在のジャカルタからカリマンタン島東カリマンタン州への首都移転計画への協力に関して協議をおこなった。

首都移転の経費についてインドネシア政府は総額で約466兆ルピア(約3兆7500億円)と試算しているが、あまりにも巨額なため国庫からの支出は19%に留め、残りを官民協力や国外を含めた民間投資で賄いたいとしている。

特に海外からの投資を呼び込むために国際的な著名人を運営委員会のメンバーに任命して、首都移転の「顔」として投資誘致に結び付けたい意向がジョコ・ウィドド政権にはある。

このため委員会のメンバーには孫会長のほか、英国のトニー・ブレア元首相、アラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド・アブダビ皇太子もメンバーに任命されたことが明らかにされた。

孫会長の投資案、ソフトバンクは金額確認せず

ルフト調整相が明らかにした孫会長からの首都移転に関するインドネシア側への「300億~400億ドル」という投資額についてソフトバンク側はメディアに対して「具体的な金額は提示していない」と否定している。

しかし、孫会長とジョコ・ウィドド大統領やルフト調整相との直接会談では首都移転計画へのソフトバンクの具体的な強力に関して突っ込んだ協議が行われたとインドネシア側は強調しており、「具体的な投資額に関しては最終的合意には至っていないのだろうが、インドネシア側が期待を込めて具体的金額をマスコミに漏らしたのではないか」との観測が強まっている。

移転に関わる海外からの投資誘致を図る運営員会についても「孫会長らは国際社会からの信頼のためであり、投資呼び込みのための顔役となってほしい」(ルフト調整相)と期待を示しているが、孫会長やブレア元英首相らの具体的な役割や活動についてはまだ何も決まっていないのが現状だ。とりあえず国際的な著名人をメンバーに任命することで信用度を高めたいとのインドネシア側の思惑が見え隠れしている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

全市場へのブロックチェーン導入には課題=英中銀副総

ワールド

ウクライナ、EUにロシア産原油の海上保険禁止を呼び

ビジネス

米経済「軟着陸可能」、物価への向かい風は存在=財務

ビジネス

11月0.75%・12月0.5%利上げ想定=アトラ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月