最新記事

アメリカ政治

トランプ弾劾裁判、これからどう進むのか

What to Expect of Opening Arguments?

2020年1月23日(木)15時51分
ジェニー・フィンク

首席検察官役のアダム・シフ議員が上院で冒頭陳述(1月22日、米上院) REUTERS/U.S. Senate TV

<冒頭陳述は検事役の弾劾管理人とトランプ弁護側それぞれが3日間にわたって計24時間行う。その後は、上院議員からの質問タイムだ>

米上院で審理が始まったドナルド・トランプ米大統領の弾劾裁判は3日目に入り、米東部時間の22日(日本時間23日)、まず検事役を務める弾劾管理人(下院民主党が選出)が冒頭陳述を開始した。

弾劾管理人は、トランプ訴追の理由である弾劾条項2項目を述べる。権力乱用と議会妨害だ。陪審員役の上院議員はまる1日、弾劾管理人の陳述を聞くことになる。

審理初日(東部時間の21日)には、上院共和党が提示した裁判の運営規則案をめぐり、民主党共和党が延々と攻防を展開。最終的に証人招致については結論を先送りにしたまま、規則案が可決された。それにより、冒頭陳述は弾劾管理人・弁護側それぞれが3日間にわたって合計24時間行うことになった。弁護側が陳述を開始するのは、週末以降になりそうだ。弾劾管理人は1日8時間ずつ陳述を行い、割り当てられた時間を使い切る意向で、午後1時開始、午後9時終了を予定しているが、休憩を挟めば終了時刻はずれ込む。

ゼレンスキーは圧力を否定

政治ニュース専門ケーブル局C-SPAN2が審理の模様をテレビでライブ中継し、ラジオでも流すほかオンラインでも配信する。公共放送PBSもYouTubeでライブ配信する。

アメリカ史上弾劾訴追された大統領は、アンドリュー・ジョンソン、ビル・クリントンに次いで、トランプで3人目。トランプの弾劾条項2項目は昨年12月に下院で可決された。民主党議員はほぼ全員が賛成、共和党議員は造反者ゼロで全員が反対した。

弾劾の核心は、トランプが今年の大統領選で勝利するため、不公正なやり方でウクライナの助けを求めたかどうかだ。トランプはウクライナへの軍事援助と同国のウォロディミル・ゼレンスキー大統領との会談を棚上げにして、ジョー・バイデン前副大統領とその息子で、ウクライナの天然ガス会社ブリスマの役員を務めていたハンター・バイデンに関する捜査開始を発表するようウクライナに迫ったと、民主党は主張している。

トランプはまた、文書の提出を拒否し、上級顧問や政権スタッフに証言を拒むよう指示したとして、議会妨害の罪にも問われている。

トランプは不公正な行為は一切行っていないと主張。ゼレンスキーとの「完全無欠の」電話協議の記録を読むよう、国民に呼びかけている。ゼレンスキーはハンター・バイデンの捜査を行うようトランプに圧力をかけられたことはないと主張。トランプも圧力をかけていないと言い、汚職捜査を命じるのは大統領の務めだとして、弾劾訴追の動きを自身の失脚を狙った民主党の「魔女狩り」だと決めつけた。

<参考記事>今週開始!トランプ弾劾裁判はどこで見られる?
<参考記事>米弾劾審議で冒頭陳述、民主党は「ウクライナに不正に圧力」と非難

ニュース速報

ワールド

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減

ビジネス

米消費者が失業や債務支払い懸念、新型コロナで=NY

ビジネス

ECB、週間の債券買取額が過去最高 コロナ対応で

ワールド

独、コロナ制限措置の緩和へ行動計画策定 マスク着用

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月