ニュース速報

ワールド

米弾劾審議で冒頭陳述、民主党は「ウクライナに不正に圧力」と非難

2020年01月23日(木)13時35分

トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡る上院の弾劾裁判は22日、野党・民主党のアダム・シフ下院情報特別委員長(中央)が冒頭陳述を行い、トランプ氏が11月の大統領選挙で再選を有利にするために不正な方法でウクライナに圧力を掛けたと非難した(2020年 ロイター/MARY F. CALVERT)

[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る米議会上院での弾劾裁判は22日、野党・民主党のアダム・シフ下院情報特別委員長が冒頭陳述を行い、トランプ氏が11月の大統領選挙で再選を有利にするため、不正な方法でウクライナに圧力を掛けたと非難した。

シフ氏の冒頭陳述では、トランプ氏が昨年、根拠のない汚職容疑で民主党のバイデン前副大統領とその息子を調査するようウクライナのゼレンスキー大統領に圧力を掛けたと主張。トランプ氏はウクライナ大統領に対して調査を公表するよう圧力をかけ、自身の再選に有利になるようにしたと非難した。

その上で「何をしても許されると信じている最高司令官ほど、民主主義に対する脅威となるものはない」と述べた。

シフ氏はさらに「トランプ大統領が(ウクライナへの)軍事支援保留を命じた証拠がある。トランプ氏は自身の再選を有利にするために支援を保留した」とし、「われわれはトランプ氏がこの罪と(議会の)調査妨害で有罪だと証明できる」と結んだ。

民主党はこの日、8時間にわたって冒頭陳述を行った。民主党の冒頭陳述にはあと2日割り振られており、23日に再開される。その後、共和党も3日かけて反論。審議は来週には終了する可能性がある。

トランプ大統領は訪問先のスイスで記者団に対し、民主党は十分な証拠を持っていないと主張。「われわれのチームはうまくやっている。われわれはすべての情報を把握しているが、民主党は把握していない」と述べた。

トランプ氏は世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に出席するためスイスを訪問。トランプ氏不在の中、上院は22日未明、弾劾裁判の審理運営規則案を賛成多数で可決。これにより、この日の冒頭陳述の開始が可能となった。[nL4N29R24B]

22日公表のロイター/イプソスの世論調査によると、米国民(所属政党問わず)の約72%が、ウクライナ疑惑について直接情報を得ている人物が証言すべきだと回答。政党別では民主党員の84%、共和党員の69%が証人招致を支持した。

ニールセンの視聴率調査によると、審理初日の21日には1100万人前後が弾劾裁判のテレビ中継を視聴した。昨年11月に下院の弾劾調査で公開証言が初めて行われた際には、これを上回る1380万人がテレビ中継を視聴していた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米3M、マスクの生産・輸入増加表明 トランプ氏の批

ビジネス

米雇用3月は70.1万人減、9年半ぶり減少 失業率

ビジネス

ANA、政投銀に融資3000億円要請 新型コロナの

ワールド

OPECプラス、過去最大の減産協議 世界供給量の約

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!