最新記事

新型肺炎

中国政府、武漢の交通遮断で新型肺炎を封じ込め

China Is Quarantining a City of 11 Million to Contain the Coronavirus

2020年1月23日(木)15時45分
クロエ・ハダバス

新型コロナウイルスの発生源として「隔離」される中国湖北省の武漢市(後ろは患者を運ぶ医療関係者、1月20日) REUTERS

<春節の大型連休を間近に控え、人口1100万人の大都市の公共交通を遮断するという異例の措置がとられた>

中国政府は1月22日、新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるために、感染が多発している武漢市の公共交通機関の運行を一時停止すると発表した。人口1100万人の大都市で人の移動を大幅に制限する異例の措置だ。

肺炎のような症状を引き起こすこのウイルスは抗生物質が効かないため、感染拡大への懸念が高まっている。人民日報系のタブロイド紙である環球時報によれば、中国ではこれまでに計548人が新型コロナウイルスに感染。武漢市当局の22日の発表によれば、これまでに少なくとも17人が死亡している。

中国中部における交通の要所である武漢の交通遮断は、23日の午前10時から始まった。当局は市民に対し、「特別な理由」がない限り武漢を離れないようにと警告している。

中国は25日に春節(旧正月)を控えており、その前後は一年のうちで人の移動が最も活発になる時期のひとつ。40日間にわたってさまざまな儀式や行事が行われ、延べ30億人が国内を移動する。一部の人にとってはこの時期が唯一、帰省して家族と過ごせる機会だ。

<参考記事>新型肺炎パンデミックの脅威、真の懸念は中国の秘密主義

中国市民からは政府批判

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなかで人の移動が増えることを懸念する中国の保健当局は、旅行者に武漢行きを控えるよう勧告している。こうした措置は、中国経済に深刻な打撃をもたらす可能性がある。2019年の例を見ても、春節前後に中国市民が旅行に費やした金額は総額740億ドル、買い物に費やした金額は1450億ドルにのぼるからだ。

WHO(世界保健機関)は、中国政府の一連の対応を高く評価。テドロス・アダノム事務局長は22日午後の会見の中で、「きわめて強力な措置を取っている」と中国政府を称賛した。だが一部の市民は、政府による情報公開が遅かったと指摘。2002年と03年に流行し、700人以上の死者を出したSARS(重症急性呼吸器症候群)発生時と同様に、今回も対応が後手にまわったとして、無責任だと政府を批判している。

新型コロナウイルスはSARS同様にヒトからヒトに感染し、既に東アジアの複数の都市に感染が広まっており、そのほかの地域にも飛び火している。中国疾病予防コントロールセンターは、同ウイルスは「非常に感染力が強い」と断定。一方WHOの緊急委員会は22日、今回の感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当するかどうかを判断するには、さらなる情報が必要だとして判断を保留した。

<参考記事>アメリカで初の新型肺炎患者 WHOは「緊急事態」宣言か

ニュース速報

ワールド

トランプ氏の中国口座巡る報道、国家安全保障の懸念=

ワールド

原油先物は大幅安、在庫統計が燃料需要低下を示唆

ワールド

米コロナ対策協議、合意でも議会通過は選挙後か=下院

ワールド

アストラゼネカのコロナワクチン治験、ブラジルで被験

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 6

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 7

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 8

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 9

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 10

    共和党が自作の投票箱を「公式」と偽って設置する無…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月