最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

「保育園」のない中国に、100%日本式の保育施設をつくった上海女性

2020年1月30日(木)17時45分
趙海成(ジャーナリスト)、翻訳:小林さゆり

保護者を招いて行われた「暖嬰屋」のクリスマスパーティーに参加する王(2019年12月21日) ZHAO HAICHENG

<実は中国には0歳児から預けられる保育施設がほとんどない。そのため育児に苦労した若い母親が、2歳の子を連れ、日本にやって来た。提携パートナーを探すために――。本誌「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集より>

2016年3月、東京の私立保育園「愛嬰(あいえい)幼保学園」に2歳の女の子を連れた若い母親が中国の浙江省湖州市からやって来た。
20200204issue_cover200.jpg
母親の名は王佩瑭(ワン・ペイタン、33歳)。娘を生んでから、育児にかかりきりで自分のことを何もできなくなってしまったが、地元はもとより中国のどこを探しても乳幼児の保育施設がほとんどないのだという。

心身共に疲弊した彼女はこう考えていた。「同じような境遇の親は多いはず。0歳児から預けられる保育施設を中国で造れば、ふびんな親たちを解放してあげられる。必ず需要はある」

調べてみると、日本の保育施設が最も完成されていて先進的だと分かった。だから中国に共同で保育園を設立してくれる提携パートナーを日本で探し始めたが、王にとってこの愛嬰幼保学園は4園目。大阪や名古屋で既に3園に提携を断られていた。

応対した同学園の経営者は、那須暁雍(なす・しゃおよん)。偶然にも同じ中国浙江省出身の女性で、言葉の壁はなく、しかも5つの保育園を経営する実業家だ。王は「救世主が現れた」と期待を寄せた。

しかし、生後間もない自分の子(5人目の子供だ)の育児に専念したいから、と那須に断られる。これまで事業に力を注ぐあまり、自分自身の子供にあまり構ってやれなかったという思いがあるのだという。

それでも王は落胆しなかった。それから2年間、何度も来日し、那須の保育園でボランティアをし、自分は以前金融の仕事をしていて資金調達力もあるからと、那須を説得し続けた。しまいには耐えきれず、王は那須に向かって思わず叫んだ。

「中国のママがどんなに大変か知らないの? あなたは中国人で、日本で成功した企業家でもある。中国に帰って貢献すべきじゃないの!」

情熱はついに実った。2人が正式に契約したのは2018年3月。上海に「暖嬰屋国際幼保学園」を設立し、100%日本式の保育サービスを行うため、日本の保育資格(幼稚園教諭、保育士)を持つ日本人を5人雇った。園長は大学で幼児教育を専攻し、上海の日系幼稚園で十数年園長を務めた経験を持つ日本人だ。

保育園の内装は、日本から招いたデザイナーが担当した。カラフルな色彩で、ファンシーな模様やアニメキャラがあふれ返る中国の幼稚園と比べると、暖嬰屋の内装はさっぱりしていて落ち着いている。家具は全て木製で、部屋を取り囲むようにして置かれたラックの中の中日英3カ国語の絵本が目を引く。

ニュース速報

ワールド

緊急事態宣言発動の場合、事前に首相が議運で説明=麻

ビジネス

日経平均は大幅続伸、756円高 緊急事態宣言方針や

ビジネス

みずほの石炭融資に複数投資家が反対、環境団体の株主

ビジネス

消費者態度指数、3月は落ち込み幅最大に 新型肺炎で

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4日現在)

  • 2

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月