最新記事

環境

トランプが「現代のドン・キホーテ」と嘲笑される理由

Internet Compares Donald Trump to Don Quixote's Fear of Windmills

2019年12月25日(水)18時00分
ベンジャミン・フィアナウ

風車を巨人と思い込み突進するドン・キホーテ。現代のドン(トランプ)も風車叩きに余念がない aluxum/iStock.

<それは文字通り、無害な「風車」を敵として突進するところがそっくりだから。石油会社の利益を損なう風力発電をつぶすため、トランプは風力発電所は鳥の墓場で癌も引き起こすと嘘八百>

ドナルド・トランプ大統領のコメントがまたソーシャルメディアで嘲笑の的になっている、12月21日に行われた米保守派団体ターニング・ポイントUSAの会議で、トランプは風力発電のことは「まったく理解できない」と述べ、インターネットにはトランプを風車と闘うドン・キホーテになぞらえる投稿が相次いだ。

この会議で、トランプは風力発電を「音がうるさい」と批判し、風車と衝突して「鳥が殺される」事故が多発していると「弊害」を語った。

トランプと、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はともに風力発電を繰り返し批判しており、その根拠として風車との衝突で年に何万羽もの鳥が死んでいること、そのなかにはアメリカの国鳥ハクトウワシも含まれていること、そして風車の音が癌の原因になるとも主張している(癌の原因説は誤りと証明されている)。

この発言に、文学を愛するツイッターユーザーから投稿が相次いだ。風力エネルギーについてまったく理解していないことを認めたトランプは、スペインのミゲル・ド・セルバンテスの名作『ドン・キホーテ』の主人公にそっくりだ、というのだ。

架空の敵を攻撃

ドン・キホーテと忠実な従者のサンチョ・パンザの冒険を描いたこの1605年の小説のなかで、ドン・キホーテは、初めて見る風車を巨人と思い込んで闘いを挑む。そこに登場する「風車を槍で突く」という有名なフレーズは、翻って無益な戦いを意味する慣用表現になった。

現実と空想の区別がつかなくなったドン・キホーテは、風車を「巨人」だと言い張り、その翼を「長い腕」と間違える。

「ドン・キホーテ大統領が風力発電に反対しているのは鳥のためではなく、風力発電が石油会社の利益を損なうからだ。すべてたわごとにすぎない」と、「ブルックリン・パパ・ディファイアント」と名乗るツィッター・ユーザーは、再生可能エネルギーを罵倒するトランプの暴言についての本誌にコメントを寄せた。

「風車を敵に回した現代のドン(ドナルド)は、ドン・キホーテよりクレイジーだ」と、俳優のケン・オリンもツイートした。他のツィッターやフェイスブック・ユーザーは、マイク・ペンス副大統領はさしずめサンチョ・パンザだと指摘した。

<参考記事>トランプは石炭の雇用を取り戻せない──嘘に気づき始めた労働者たち
<参考記事>トランプ、想像を絶する環境敵視政策が始まった──排ガス規制の米EPAに予算削減要求とかん口令

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 3

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗を守ろうと武装市民が警護

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 9

    「中国、台湾との再統一に向け軍事手段も必要」人民解…

  • 10

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月