最新記事

サメ

海岸に打ち上げられた脚はサメに食われた人間のもの?

Shark Attack Suspected After Human Leg Washes Up On Beach

2019年12月18日(水)18時15分
シェーン・クロウチャー

疑似餌に飛びつくホオジロザメ(南アフリカ) USO/iStock.

<オーストラリアの海岸に人間の脚が流れ着いた。サメに襲われたサーファーかダイバーのものか>

12月17日、オーストラリアの海岸に人間の片脚が打ち上げられた。地元紙によると、サメの餌食になった犠牲者の一部である可能性が高い。

豪ニューサウスウェールズ州マイルズタムのノース・ビーチ付近の住人は、シドニー・モーニング・ヘラルド紙の取材に対し、「脚のかなりの部分」がウエットスーツのようなものに覆われた状態で見つかったと話した。足もついていたという。

「脚はかなり長い間、海につかっていたようだ」と、この住民は語った。また別の住民は、脚の先には足骨がついていて、黒のダイビングブーツのようなものに覆われていたと証言する。

またもう一人の目撃者は、脚の先には足骨が見えて、黒のダイビングブーツのようなものを履いていたと言う。

サメとの遭遇、間一髪動画5本


警察によると、この脚の持ち主は、水泳、サーフィン、ダイビングのいずれかを行っていてサメに襲われた可能性が高いという。

脚はこの海岸にたどり着く前、海に浮かんで数百キロの距離を移動してきた可能性もある。

「午後2時過ぎ、警察に出動要請があった。海岸に打ち上げられた人間の脚を見つけたという通報だ」と、ニューサウスウェールズ州警察の広報担当者は本誌に語った。

今年に入り、世界のあちこちでサメに襲われる事件が相次いでいる。

12月に入ってからは、ハワイ州マウイ島の海岸沿いの町、キヘイの沖合で、パドルボードに乗っていた男性がイタチザメにボードをかまれる事件が起きた。

ここにいてはいけない

ラリー・オベルト(57歳)というこの男性は、海岸から約60メートルの沖合で、体長約3.5メートルのサメに襲われた。サメは、オベルトが乗っていた空気注入式のスタンドアップ・パドルボードに噛みついてオベルトをたたき落とした。ボードには穴が開き空気は抜けてしまったと、地元テレビ放送の「ハワイ・ニュース・ナウ」は報じる。

「そのサメの姿が目に入った時は、『何てことだ、こいつはおれのボードより大きいぞ』と思った」と、オベルトは地元報道機関のマウイ・ナウに語った。「畏敬の念もあったが、同時に、ここにいてはいけないとも思った。『ここから逃げなければ』と心を決めた。サメだからね」

オベルトは泳いで、ボードに乗っていたもう一人の男性に助けを求めた。2人がボードに乗って海岸に戻る間、サメは2人を激しく追い回したという。

11月には、フロリダ州オーランド近郊のココアビーチで、サーファーがカマストガリザメに片足をかみちぎられそうになる事件が起きた。被害者は海岸まで自力で泳ぎ、病院に運ばれた。

「傷はすべて縫い合わされた。腱が裂けて、足の指もあまり状況は良くない。この病院があってよかった。」と、この人物はクリック・オーランドに語った。

(翻訳:ガリレオ)

20191224issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月24日号(12月17日発売)は「首脳の成績表」特集。「ガキ大将」トランプは落第? 安倍外交の得点は? プーチン、文在寅、ボリス・ジョンソン、習近平は?――世界の首脳を査定し、その能力と資質から国際情勢を読み解く特集です。

ニュース速報

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

ビジネス

米国内のウィーチャット利用継続へ、連邦地裁が禁止差

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 2

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増加する「排斥」の雰囲気

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    「千人計画」の真相――習近平の軍民融合戦略で変容

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月