最新記事

自然環境

酸素のない海域「デッドゾーン」が急速に拡大しており、甚大な影響を及ぼす

2019年12月17日(火)18時35分
松岡由希子

酸素が少ない水域が増えている...... Lucy Nicholson-EUTERS

<「デッドゾーン」と呼ばれる低酸素海域が急速に拡大しており、海洋生物や漁業などにもたらす影響は、私たちの予測を超えている可能性があるとの研究が発表された......>

二酸化炭素濃度の上昇や海面上昇に伴って、「デッドゾーン」と呼ばれる、溶存酸素濃度が極めて低い「酸素極小層(OMZ)」が世界で拡大している。

低酸素海域が急速に増え、海洋生物や漁業に甚大な影響をもたらす

2015年1月に米カリフォルニア大学デービス校が発表した研究論文で「北米の太平洋岸で『デッドゾーン』が広がっている」ことが示されているほか、国際自然保護連合(IUCN)も、19年12月にスペイン・マドリードで開催された第25回気候変動枠組条約締約国会議(COP25)で「1960年代には45カ所にとどまっていた低酸素海域が急速に増え、この50年で700カ所にまで広がっている」との新たな報告書を発表した。

「デッドゾーン」が海洋生物や漁業などにもたらす影響は、私たちの予測を超えている可能性がある。英プリマス大学のサビン・レンゲル博士らの研究チームは、世界最大の「デッドゾーン」であるアラビア海の底から採取した堆積物の有機炭素の安定同位体を測定した。2019年12月6日、学術雑誌「グローバル・バイオジオケミカル・サイクルズ」で「『デッドゾーン』の予測に用いるコンピュータモデルでは、深海で生息する嫌気性生物による炭酸暗固定も考慮すべきだ」との研究論文を発表した。

1920px-Aquatic_Dead_Zones.jpg

2008年に調査されたデッドゾーン。赤い丸は、貧酸素水塊水域(デッドゾーン)の場所と規模を表している。NASA Earth Observatory- wikipedia

「デッドゾーン」は予測よりもさらに広がるおそれがある

「デッドゾーン」では、主に植物プランクトンが担う一次生産によって有機物質の分解が盛んとなり、酸素需要量が増えるために水中の酸素が不足して、多くの海洋生物が生存できなくなる一方、生育や増殖に酸素を必要としない嫌気性生物は深海に生息し、光エネルギーや無機物の酸化エネルギーを要さずに二酸化炭素を炭素化合物として貯留する「炭酸暗固定」を行っている。

研究チームの測定結果によると、海底の堆積物の有機炭素には、海面から沈んだ有機物質だけでなく、嫌気性生物の炭酸暗固定によるものも含まれており、その割合は全体の17%程度を占めていた。

「デッドゾーン」を予測する既存のコンピュータモデルでは、嫌気性生物の炭酸暗固定が考慮されていない。研究チームは、測定結果をふまえて「実際の『デッドゾーン』の酸素需要量は予測よりも高く、より深刻な酸素不足に陥り、『デッドゾーン』が予測よりも広がるおそれがある」と警鐘を鳴らし、「デッドゾーン」の予測精度を向上させるべく、コンピュータモデルの見直しの必要性を訴えている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

「金もうけが目的」、米パイプライン攻撃のハッカー集

ビジネス

ワクチン特許放棄巡る問題、12月までの解決望む=W

ワールド

WHO、コロナ感染なお多い インド株「懸念される変

ビジネス

米雇用は堅調さ継続、緩和縮小の討議開始を希望=ダラ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月