最新記事

韓国政治

韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

A Savior for Conservatives?

2019年12月4日(水)19時40分
テジョン・カン

複数の政党が洪を仲間に引き入れようと躍起になっているようだ YONHAP NEWS/AFLO

<文在寅側近の曺国前法相とまるで同じ展開、実業家の洪政旭は危機を乗り越えられるか>

韓国の最新世論調査によれば、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前回調査から0.9ポイント下がって46.9%だった。2017年5月の就任直後には80%超の驚異的な支持率を記録した文だが、今は50%を下回る低空飛行が続いている。

支持率低下の大きな要因は、側近の曺国(チョ・グク)前法相をめぐるスキャンダルだ。文政権に不公正な社会慣行の撲滅と正義の実現を期待した多くの韓国人は、この一件にひどく失望させられた。

政治アナリストの間では、野党の保守派にとって国民の支持を取り戻すチャンスだという声が上がっている。問題は誰がそれを主導するかだ。最大野党・自由韓国党(旧セヌリ党)は、特に朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾訴追以降、厳しい状況が続いている。

現時点でよく名前が上がるのが、実業家の洪政旭(ホン・ジョンウク)だ。洪は韓国で最も影響力のある英字紙の1つコリア・ヘラルドを傘下に持つヘラルド・メディアの元会長で、2008年から2012年まで当時の与党ハンナラ党(2012年セヌリ党に改称)の国会議員を務めた。

政治家時代は、2つの主要政党間のギャップを埋めることに尽力した。韓国政界では日常的な光景だった国会での乱闘騒ぎに加わらないよう同僚を説得。オープンな議論のため、野党陣営の議員に接近することもいとわなかった。

最終的には、野党との合意の努力抜きで法案成立を強行した自党に抗議して議員の職を辞し、ビジネスの世界に戻った。だが、政界復帰を期待する声は今もある。

違法薬物の密輸で逮捕

本人は最近まで政界復帰に興味がなさそうに見えたが、今年5月になって所有するヘラルド・グループの株式47.8%を売却。政界復帰のサインではないかと、観測筋は色めき立った。洪がソーシャルメディアに韓国政治の現状を批判する文章を投稿すると、サインはさらに鮮明になった。

来年4月に総選挙を控える各政党は、躍起になって洪を仲間に引き入れようとしているらしい。市場も敏感に反応した。洪が政治的発言を行った後、釜山の放送局KNNの株価が18%強も急騰した。KNNは洪の姉が50%の株式を保有している。

だが9月、状況は暗転する。洪の19歳の娘が大麻やLSD、アデロールなどの違法薬物を密輸しようとした容疑で仁川国際空港の税関当局に摘発されたのだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ハンガリーが6月20日に非常事態宣言解除、首相権限

ビジネス

独VW、中国EV関連2社への出資で協議=関係筋

ワールド

中国工業部門企業利益、4月は減益率4.3%に改善 

ビジネス

資産買い入れ巡る独憲法裁の判断、ECBに影響せず─

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 8

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 9

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 10

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月