最新記事

中東

サウジ刑事裁判所、カショギ殺害で5人に死刑判決 ムハンマド皇太子元側近は釈放

2019年12月24日(火)10時00分

サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が昨年10月にトルコのイスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、サウジ刑事裁判所は、公判にかけられた11人のうち5人に死刑判決、3人に禁固刑を言い渡した。写真はイスタンブールでカショギ氏の写真を持って抗議活動に参加する人。2018年10月撮影(2019年 ロイター/Osman Orsal)

サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が昨年10月にトルコのイスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、サウジ刑事裁判所は、公判にかけられた11人のうち5人に死刑判決、3人に禁固刑を言い渡した。検察当局が23日発表した。名前などは明らかにしていない。

カショギ氏はサウジ政府に批判的だった。同氏の殺害に国際的に批判の声があがったが、サウジ政府は関与を否定していた。

検察によると、事件の捜査で21人を逮捕し、10人を聴取したという。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子の元側近で、カショギ氏殺害に関わったとされるアハマド・アシリ元情報機関高官は起訴されたものの、証拠不十分で釈放。同じく元側近のサウド・カハタニ元王室顧問は調査を受けたが不起訴となった。

今回の判決に対しては上告が可能。

トランプ政権のある高官は判決について「重要な第一歩となる」とコメントした。トランプ政権に対しては、カショギ氏殺害でサウジへの姿勢が寛大過ぎるとの批判もある。また、別の米高官は、今後も責任追及を続けると強調した。

米情報機関の関係者によると、複数の米政府機関は公判の信頼性に疑問を抱いており、米中央情報局(CIA)の専門家は、ムハンマド皇太子が殺害を指示したか、または、少なくとも殺害を承認したと依然考えている。

この関係者によると、死刑判決を言い渡された5人は現場レベルの当局者で、捜査を受けたが罪がみとめられなかった側近2人は殺害事件でより重要な役割を果たしたという。

事件の国際調査を担当した国連のカラマール特別報告者はツイッターへの投稿で、判決は見せかけの正義だとコメント。「実行犯は有罪となり死刑が言い渡されたが、背後で操っていた者は釈放されただけでなく、捜査や裁判にほとんど関わらずに済んでいる」と批判した。

国連主導の調査は2月に公表した報告書で、サウジ高官による残酷で、十分に熟考された計画殺害だったことを示す証拠があると指摘していた。

国連報道官によるとグテレス事務総長は、カショギ氏殺害事件を巡る「公平で独立した捜査」の必要性を強調した。

*内容を追加しました。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



2019123120200107issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2019年12月31日/2020年1月7日号(12月24日発売)は「ISSUES 2020」特集。米大統領選トランプ再選の可能性、「見えない」日本外交の処方箋、中国・インド経済の急成長の終焉など、12の論点から無秩序化する世界を読み解く年末の大合併号です。


ニュース速報

ワールド

トランプ氏、11日にニューハンプシャーで集会 選挙

ワールド

サウジとUAE、新型コロナ感染拡大 外出禁止令解除

ビジネス

アルゼンチン、新たな債務再編案提示へ─大統領=ラジ

ビジネス

景気回復は10月以降に、今年の成長率マイナス6%見

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は韓国版Netflix育成を宣言

  • 4

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 5

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 6

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月