最新記事

中東

サウジ刑事裁判所、カショギ殺害で5人に死刑判決 ムハンマド皇太子元側近は釈放

2019年12月24日(火)10時00分

サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が昨年10月にトルコのイスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、サウジ刑事裁判所は、公判にかけられた11人のうち5人に死刑判決、3人に禁固刑を言い渡した。写真はイスタンブールでカショギ氏の写真を持って抗議活動に参加する人。2018年10月撮影(2019年 ロイター/Osman Orsal)

サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が昨年10月にトルコのイスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、サウジ刑事裁判所は、公判にかけられた11人のうち5人に死刑判決、3人に禁固刑を言い渡した。検察当局が23日発表した。名前などは明らかにしていない。

カショギ氏はサウジ政府に批判的だった。同氏の殺害に国際的に批判の声があがったが、サウジ政府は関与を否定していた。

検察によると、事件の捜査で21人を逮捕し、10人を聴取したという。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子の元側近で、カショギ氏殺害に関わったとされるアハマド・アシリ元情報機関高官は起訴されたものの、証拠不十分で釈放。同じく元側近のサウド・カハタニ元王室顧問は調査を受けたが不起訴となった。

今回の判決に対しては上告が可能。

トランプ政権のある高官は判決について「重要な第一歩となる」とコメントした。トランプ政権に対しては、カショギ氏殺害でサウジへの姿勢が寛大過ぎるとの批判もある。また、別の米高官は、今後も責任追及を続けると強調した。

米情報機関の関係者によると、複数の米政府機関は公判の信頼性に疑問を抱いており、米中央情報局(CIA)の専門家は、ムハンマド皇太子が殺害を指示したか、または、少なくとも殺害を承認したと依然考えている。

この関係者によると、死刑判決を言い渡された5人は現場レベルの当局者で、捜査を受けたが罪がみとめられなかった側近2人は殺害事件でより重要な役割を果たしたという。

事件の国際調査を担当した国連のカラマール特別報告者はツイッターへの投稿で、判決は見せかけの正義だとコメント。「実行犯は有罪となり死刑が言い渡されたが、背後で操っていた者は釈放されただけでなく、捜査や裁判にほとんど関わらずに済んでいる」と批判した。

国連主導の調査は2月に公表した報告書で、サウジ高官による残酷で、十分に熟考された計画殺害だったことを示す証拠があると指摘していた。

国連報道官によるとグテレス事務総長は、カショギ氏殺害事件を巡る「公平で独立した捜査」の必要性を強調した。

*内容を追加しました。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



2019123120200107issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2019年12月31日/2020年1月7日号(12月24日発売)は「ISSUES 2020」特集。米大統領選トランプ再選の可能性、「見えない」日本外交の処方箋、中国・インド経済の急成長の終焉など、12の論点から無秩序化する世界を読み解く年末の大合併号です。


ニュース速報

ワールド

サウジとロシア、日量1500万バレル減産も トラン

ワールド

米大、新型コロナワクチンの効果確認 数カ月で臨床試

ワールド

NY州、コロナ感染拡大続く 人工呼吸器あと6日で枯

ワールド

米民主バイデン氏、全国党大会の8月延期要請 新型コ

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月