最新記事

女性問題

経済面での男女格差是正まで257年、特にリケジョ活躍の場が乏しい実態が明らかに

2019年12月24日(火)17時30分
松丸さとみ

<世界経済フォーラムで最新のジェンダー・ギャップ指数が示されたが、格差を是正するためには理系女性の労働市場での活躍が今後の鍵を握っているようだ......>

経済面での男女平等実現は257年後

世界経済フォーラム(WEF)が先ごろ発表した最新のジェンダー・ギャップ指数(2020年版)で、世界的に男女の格差がなくなるまでに、99.5年かかることが明らかになった。経済の分野で男女平等が進んでいないためで、この分野だけで見ると格差が是正されるまでにかかる年数は257年に跳ね上がる。特にSTEM(科学・技術・工学・数学)の仕事に就いている女性の割合が低く、「リケジョ」と呼ばれる理系女性の活躍が今後、この年数を短縮するための鍵を握っている可能性がある。

WEFのジェンダー・ギャップ指数は、政治、経済、教育、健康の4分野を分析したもの。教育(受けられる教育の水準)は、完全な男女平等が実現されるために必要な年数は12年で、4分野の中で最も短かった。さらに、調査対象となった153カ国のうち、35カ国ではすでに完全な男女平等が実現できていた。

前回調査と比べて改善の幅がもっとも大きかったのは政治だが、それでも格差は4分野の中で最大だった。下院で女性が占める割合は25.2%、大臣職では21.2%だった。WEFは、政治の世界で活躍する女性が増えると、これが「ロールモデル効果」となり、実業界でも上級職に就く女性が増えるとしている。民間および公共のセクターの管理職では女性の割合が36%となり、前年比約2%増加となった。

とはいえ、労働市場全体として見ると女性の参画は苦戦しており、前述の4分野の中で唯一、前回調査時よりも男女格差が広がったのが経済分野だった。さらに、クレジット、土地、金融商品などを活用できる機会において女性は著しく不利であり、そのおかげで女性が起業したり資産管理で生計を立てたりという機会を得にくくなっているという。

活躍の場が少ないリケジョ

報告書ではまた、LinkedIn(リンクトイン)の協力により、過去5年間で採用が活発だった職業において、女性がどの程度の割合を占めているかについても分析している。とくに、技術的なスキルが求められる分野では、女性の割合が低いことが示された。

報告書は、マーケティングや営業、製品開発の分野では女性が占める割合が比較的高く(それぞれ40%、37%、35%)、男女平等がかなり実現できていたとしている。一方で、データおよび人工知能(AI)(26%)、エンジニアリング(15%)、クラウド・コンピューター(12%)など、いわゆるSTEMの分野で活躍する女性は比較的少なかった。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、フリン元補佐官に恩赦

ワールド

オンライン開催の「ウェブサミット」、来年の対面開催

ワールド

バイデン氏、国防予算削減に苦慮へ 雇用への影響大き

ビジネス

米テスラ、中国で来年EV用充電機器の生産を計画

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 6

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 7

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 8

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 9

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 10

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月