最新記事

ネット配信ビジネス

日本アニメはネットフリックスを救えるか?

Netflix Turns to Japanese Anime To Fend-Off Disney

2019年11月11日(月)17時37分
アーサー・ビラサンタ

アニメ配信でディズニーを超えられるか?(ネットフリックスのハリウッドオフィス) Lucy Nicholson-REUTERS

<アップルやディズニーなど大手参入で競争が激化するなか、勝利の切り札との期待もあるが>

動画配信サービス大手ネットフリックスは、アメリカのアニメ配信分野における最大手の座を狙っている。それはあのディズニーをも超える、ということだ。

ネットフリックスはこれまでに、18本のオリジナルの日本のアニメシリーズを配信してきた。「ULTRAMAN」に「Devilman Crybaby」、「ソードガイ The Animation」、「バキ」、「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」などなど......。

いずれも人気作だが、それでもウォルト・ディズニー(およびその傘下にある人気キャラクターたち)との競争で勝てるかどうかは微妙なところだ。ディズニーはアメリカで11月12日から動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」をスタートするが、「アベンジャーズ」や「スター・ウォーズ」、「ザ・シンプソンズ」など、人気シリーズを数多く擁している。

迎え撃つネットフリックスは、日本の5つのアニメーション制作会社5社と長期的な業務提携を結ぶなどしてオリジナルのアニメ作品を拡充する計画を明らかにしている。

大手は低価格で殴り込み

これまで10年間、動画配信サービス業界は基本的に、ネットフリックスの独壇場だった。だがここに来て、大手が相次いで安い料金と充実した番組ラインナップを武器に参入しようとしている。すでに料金の安いアップルやアマゾン、NBCやAT&T傘下のワーナーメディアに市場を奪われつつあるのが現状だ。

9月、アップルは動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」を月額たった4.99ドルで開始すると発表した。ディズニー+でも、標準的な月6.99ドルのプランで高精細動画の視聴が可能になるという。

一方、ネットフリックスは1月に料金を13〜18%引き上げており、基本プランはライバルよりずっと高い月8.99ドルだ。価格競争では勝てないから、オリジナルのアニメコンテンツに力を入れざるをえない。

ネットフリックスは、オリジナルコンテンツに資金を投じて「ULTRAMAN」や「EDEN」といった新作アニメを今後も送り出していく戦略だ。もっとも、アメリカのアニメ配信市場を独占しようという試みは、スタジオジブリ作品の大半の配信権をワーナーメディアの動画配信サービスHBOマックスに奪われてしまったことで後退を余儀なくされている。

ニュース速報

ワールド

入国者の隔離、コロナ第2波防止に不可欠=英内相・運

ワールド

豪NSW州、13日から一部スポーツ施設を再開

ワールド

各地域の感染状況を注視し、感染拡大防止に取り組む=

ワールド

トランプ大統領、ノースカロライナ州での共和党大会開

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月