最新記事

クジラ

地上最大・シロナガスクジラの心拍数測定に初成功:1分あたり2回まで減少

2019年11月27日(水)17時30分
松岡由希子

潜水時の心拍数は、1分あたり2回程度にまで減ることも...... Stanford-YouTube

<地球上で現存する最大の動物種シロナガスクジラの心拍数の測定に世界で初めて成功した......>

シロナガスクジラは、地球上で現存する最大の動物種である。その巨体を支えるメカニズムについては、長年、数多くの生理学者が関心を寄せてきたが、巨大なシロナガスクジラを研究所などで飼育することはできず、野生のシロナガスクジラに心拍計を取り付けてその生態を探るのも至難の業であった。しかしこのほど、世界で初めて、シロナガスクジラの心拍数の測定に成功したことが明らかとなった。

1分あたり2回程度にまで減ることも

米スタンフォード大学の研究チームは、カリフォルニア州モントレー湾で生息する推定15歳以上の雄のシロナガスクジラの心拍数と潜水深度を約8.5時間にわたって測定し、2019年11月25日、一連の研究成果を米国科学アカデミーの機関誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で発表した。これによると、シロナガスクジラの心拍数は、深く潜って採餌する際に減少し、海面にいるとき多くなることがわかった。


研究チームは、電極を埋め込んだ弁当箱サイズの測定デバイスに4つの吸盤を装着した専用タグを開発。これを6メートルの炭素繊維棒に取り付けて、6.3メートルのゴムボートからシロナガスクジラの左胸ビレに吸着させ、心拍数をとらえることに成功した。

シロナガスクジラは、最長16.5分間で最深184メートルまで潜り、獲物の群れに突進して海水ごと口内に含んで小魚やプランクトンを漉しとる「突進採餌」によって摂食した。潜水時の心拍数は、1分あたり概ね4回から8回だが、1分あたり2回程度にまで減ることもあった。

「突進採餌」で大量の海水をとりこむ際には心拍数が最小値から2.5倍に増え、海水を排水すると心拍数は再び減少。潜水を終えて海面に戻ると、心拍数は1分あたり25回から37回にまで増えた。一連の心拍数データを分析したところ、最大心拍数が予想よりも大きく、最小心拍数は予想より30%から50%程度小さかったという。

HeartBeat_Final-01.jpg

「シロナガスクジラの心臓はすでに限界に達している」

研究チームは、これらの研究結果から「シロナガスクジラの心臓はすでに限界に達している」との見解を示し、シロナガスクジラが現在のサイズよりも大きく進化しなかった要因とみている。

研究チームでは、今後、シロナガスクジラの活動が心拍数に与える影響を解明するべく、加速度計を付加した専用タグの改良に取り組むとともに、ナガスクジラやザトウクジラ、ミンククジラなど、他のクジラでも同様に、心拍数の測定を試みる方針だ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米1月雇用者数51.7万人増、失業率は53年ぶり低

ビジネス

債券と株式ファンドに資金流入=BofA週間調査

ワールド

ブリンケン氏が訪中延期、中国気球の米本土上空飛行で

ビジネス

米金利先物、金利5%超え予想 堅調な雇用統計受け

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 5

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 6

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 9

    プーチン邸に防空システム配備、と報道。西側の長距…

  • 10

    建設現場に若手が足りない......未来の日本では道路…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月