最新記事

経済

投機に乗らずに心理を知って広義の「投資」を

2019年10月9日(水)11時30分
竹内幹(一橋大学大学院経済学研究科准教授)

投資とは本来、リスクも引き受けながら付加価値をつくり出す経済活動に参画することだが ISSEI KATOーREUTERS

<自信過剰なあなたに伝えたい心理的傾向と投資に宿る本当の意味>

金融市場における「投資」とは、生産活動の一部を担うことだと思えばよい。

株式投資で言えば、株式保有はその会社やその生産設備の一部を所有すること。その会社が顧客のニーズを満たし利益を上げれば、その配分を受ける。それは配当金として直接配分されたり、その会社の価値が上がり株価が上がるという形で還元されたりする。

過去の長期的平均では、株式投資の利回りは年率4%から8%が相場だ。ただし、会社が思わぬ事故に見舞われたり、不況となったりすれば、会社の業績が低迷し損をすることになる。投資とは、そうしたリスクも引き受けながら付加価値をつくり出す経済活動に参画することだ。

しかし「投機」は生産活動という実質を伴わず、ただ資産価格の値動きを追って利益を上げようとする行為だ。付加価値を生み出していないのだから資産の取り合いを行っているわけで、誰かの儲けは、そっくりそのまま誰かの損という「ゼロサムゲーム」である。

ごく一部に投機で継続的に儲ける人もいて羨望の的となるが、その裏には資産を失ってゲームから退場する人たちが多くいる。こうした投機には手を出さないのが賢明だ。

問題は資産価格の変動だ。資産を保有することは、その資産から発生する将来の利潤の受け取り権を持つことに等しい。従って資産価格は、それが将来にわたってどれだけの利潤を生むかという見込みに依存して変動する。

厄介なことに、例えば株価が上昇しても、そこに生産活動という実質が伴っているとは限らない。株の値上がりは単なる投機的取引によっても起きてしまうからだ。将来有望だから株価が上がっていると勘違いしてバブルに乗っているだけかもしれない。

この区別が意外に難しい。心理的バイアスに注意さらに注意すべきは、人は「自信過剰(overconfidence)」であることだ。自動車の運転技術を尋ねられた多くの人が「自分は平均以上」と答えてしまうように、自分だけは株の値動きを見切ることができると過信する。

そして、バブルが崩壊する前に売り抜けるつもりで結局失敗したり、底値で買うつもりで値下がり続ける株に手を出したりしてしまう。あなたが「自分は慎重だからそんな自信過剰の罠にははまらない」と思ったら、その思い自体が自信過剰かもしれない。

残念ながら、この心理的傾向を直すことは難しい。ただ、投資をするときには、自分がどういった見込みを持っているかを日記などに書いておき、それを事後的に確認する習慣は重要だ。行動経済学で「損失回避」と呼ばれる心理的傾向も、人が投資に向いていないことを裏付けている。

ニュース速報

ビジネス

スイス中銀が政策据え置き、マイナス金利は当面続く可

ビジネス

原油市場、OPECプラス減産拡大でも供給過剰続く見

ビジネス

追加歳出4兆4722億円、赤字国債増額も=19年度

ビジネス

JDI、いちごアセットから最大900億円の支援

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 2

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 3

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 4

    白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

  • 5

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 6

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 7

    これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

  • 8

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 9

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月