最新記事

米朝関係

ボルトンが警鐘「北朝鮮は核兵器のウォルマートかアマゾンになりかねない」

John Bolton Rebukes Trump's Claims of Nuclear Disarmament with North Korea

2019年10月1日(火)15時40分
ベンジャミン・フィアナウ

北朝鮮の核放棄が制裁解除の条件と言ってきたボルトン(2018年4月5日、ホワイトハウスで) Kevin Lamarque-REUTERS

<トランプに解任されたボルトンが、トランプは北朝鮮に甘過ぎると警告。怨恨か、それとも安全保障専門家としての信念か?>

北朝鮮に対する強硬路線が嫌われ、ドナルド・トランプ米大統領の安全保障担当補佐官をクビになったジョン・ボルトンがワシントンに帰ってきた。北朝鮮の核兵器のことがよほど心残りだったのだろうか。

9月30日、解任後初めて公の場で発言したボルトンは、北朝鮮は核兵器の数を着々と増やしており、外国に売る可能性もあると警告。トランプの北朝鮮政策を批判した。

「北朝鮮は日を追うごとに、ますます危険な国になりつつある」と、ワシントンのシンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)が主催する会議でボルトンは述べた。「現在の北朝鮮のやり方が気に入らないとすれば、もし北朝鮮がアメリカ各地の都市に到達できる核兵器を手にしたときはどうなると思うのか? その時が来てから行動するのか?」

ボルトンは、金正恩朝鮮労働党委員長の出方に楽観的過ぎるトランプの姿勢を批判した。アメリカ政府は今や、当初の条件だった朝鮮半島の非核化どころか、北朝鮮が保有する核兵器を削減するだけで制裁を緩和する可能性があるとボルトンは言う。

「金正恩の戦略的決断は、目標地点に到達可能な能力のある核兵器を維持し、さらにそれを開発・強化するためならどんなことでもするということだと私は考えている」とボルトンは述べた。

「軍事行動という選択肢もある」

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は7月の報道で、トランプが金と首脳会談を繰り返す間にも、北朝鮮は既に推定で20基~60基の核兵器を保有しており、さらに1年で6基~7基ほど製造できた可能性があると示唆した。

ボルトンは、北朝鮮が他国に核兵器を売りまくる可能性も示唆した。「目標到達能力のある核兵器を頼めばいつでも配達してくれるウォルマートかアマゾンのような存在」になるかもしれないというのだ。

ボルトンによれば、アメリカが現在、北朝鮮に科している制裁は十分な効果を発揮していない。北朝鮮があまり核兵器や長距離ミサイルの実験を行っていないのは、もう実験する必要がなくなったからからだという。

北朝鮮への対抗手段として軍事行動という選択肢もあることを示唆した。

ボルトンはこう締めくくった。「われわれが関心をもつべきなのはこうした問題であって、米朝首脳会談が再び実現するかどうかではない」

(翻訳:ガリレオ)

<参考記事>ボルトン解任はトランプにしては賢明だった
<参考記事>米朝会談決裂の下手人は「壊し屋」ボルトンか

20191008issue_cover200.jpg
※10月8日号(10月1日発売)は、「消費増税からマネーを守る 経済超入門」特集。消費税率アップで経済は悪化する? 年金減額で未来の暮らしはどうなる? 賃貸、分譲、戸建て......住宅に正解はある? 投資はそもそも万人がすべきもの? キャッシュレスはどう利用するのが正しい? 増税の今だからこそ知っておきたい経済知識を得られる特集です。


ニュース速報

ワールド

中東4カ国で新型ウイルス感染初めて確認、イランから

ワールド

イタリア、新型ウイルスの死者計6人・感染者220人

ビジネス

中国人民銀、新型肺炎対策に一段の措置 穏健な金融政

ビジネス

独IFO業況指数、2月は予想外の上昇 新型肺炎に懸

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 10

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月