最新記事

中国

北京と香港が迎えた中国建国70周年、習近平は「人類共通の未来」を語った

China’s Show for the World

2019年10月7日(月)11時50分
ジョシュア・キーティング

北京(写真)では建国70周年を盛大に祝う一方、香港では激しい衝突が起きた JASON LEE-REUTERS

<10月1日に国内で見られた全く異なる表情も、実は似た者同士である中国とアメリカとの対立も、時代の大いなる皮肉。中国の姿勢には、世界で一定の支持がある>

中国が建国70周年を迎えた10月1日、北京と香港は非常に異なる様相を見せた。

北京では、毛沢東のような人民服を着た習近平(シー・チンピン)国家主席が見守るなか、兵士1万5000人による軍事パレードを実施。市民パレードも行われ、中国の偉大な過去と明るい未来をテーマにした山車と共に10万人が行進した(この日を青空で迎えようと工場の稼働停止などの対策が取られたが、残念ながらスモッグは完全には消えなかった)。

一方、香港では権力が別の形で発動された。17週目に突入したデモの参加者に、香港警察が実弾を発射。一連のデモで実弾による初めての負傷者が出た。

だが習はこの日の演説で、香港については一般論として触れただけだった。「中国が前進するに当たり平和的な再統一と一国二制度の原則を支持し、香港とマカオの繁栄と安定を維持し、中台関係の平和的発展を促進し、完全な統一に向けた努力を続ける必要がある」

外から見れば、習の見方は理解し難い部分がある。中国共産党の直接支配が及ばない地域で暮らす「中国の子供たち」は、その支配下に置かれたいとは全く思っていないからだ。現に逃亡犯条例改正案への抗議に端を発した香港のデモは、民主化と高度な自治を求める運動へと発展している。

演説で中国の「平和的台頭」を強調しつつ、習は「国際社会と協力し、人類共通の未来に向けて邁進する」と述べた。中国が経済発展を遂げてきたのは確かだろう。だがそれよりも世界に強い印象を残すのは、香港での衝突や、ITを駆使した新疆ウイグル自治区の監視社会化だ。

世界の受け止めも二分

「人類共通の未来」は世界の共感を得られるのか。国家主権の重視や、欧米とは異なる経済・政治の道を歩む中国の姿勢には一定の支持がある。特に経済・政治の自由化の恩恵を受けにくい国々は支持する傾向が強い。

米ピュー・リサーチセンターの香港デモ前の調査によれば、中国は欧米や東アジアでは不人気だが、東欧、中東、アフリカ、中南米では印象がよかった。

この差は、中国による新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒大量拘禁への反応にも表れている。7月の国連人権理事会では、EU諸国や日本など加盟22カ国が人権侵害の停止を求める共同声明を発表した。一方、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は、以前はウイグル人に対する中国の弾圧を「人類の恥」「大量虐殺のよう」と非難していたものの、7月に訪中し、習に経済協力を呼び掛けた際には批判的な態度を一変させた。イスラム圏の他の国々も慎重な姿勢を保っている。

ニュース速報

ワールド

米国の西半分でコロナ感染まん延、積極的な防止策を=

ビジネス

米新規失業保険申請75.1万件に改善、金融危機時ピ

ビジネス

中国、21─25年に持続的で健全な経済発展達成へ=

ワールド

米モデルナ、11月にコロナワクチンの治験データ公表

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 3

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 4

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 5

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 6

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が…

  • 9

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 10

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月