最新記事

追悼

「共感の男」だったジャック・シラク元仏大統領から学ぶべきこと

2019年9月30日(月)16時25分
ロバート・ザレッキー(米ヒューストン大学教授)

スキャンダルこそあったが、晩年は国民の評価も高まっていた CHARLES PLATIAU-REUTERS

<1995~2007年の12年間にわたり大統領を務めた男は、欠点も多かったが、優しさと思いやりという美点も持っていた。9月26日、86歳で世を去った>

シャルル・ドゴール、フランソワ・ミッテラン、シモーヌ・ベイユといったフランスの政治指導者たちは、没後も偉大な政治家としてたたえられている。

それに対し、9月26日に86歳で世を去ったジャック・シラクは、偉大な政治家とは呼ばれてこなかった。首相やパリ市長を歴任した後、1995~2007年の12年間にわたり大統領を務めたシラクの死を受けて、多くの追悼コメントが発表されたが、彼を「偉大な男」と呼んだものはほとんどない。

それでも、党派を問わずフランスの識者の認識がおおむね一致しているように見えるのは、シラクが「共感の男」だったという点だ。偉大な人物ではなかったかもしれないが、温和で概して親切な人物だった。

シラクが偉大な振る舞いを見せたときもあった。1995年5月の大統領選で当選して程なく、ベロドローム・ディベール事件の53周年に当たり演説を行った。これは、第二次大戦中の1942年にナチス・ドイツの占領下にあったパリで、フランス警察が1万人以上のユダヤ人を拘束して東欧の収容所に送った事件だ。

ドゴールからミッテランまで歴代大統領は全て、この戦時中の行為はあくまでも一部のフランス人によるものという立場を取っていた。この日、シラクはそうした空虚な主張に終止符を打った。「啓蒙思想と人権思想の母国フランスは......このとき取り返しのつかない行為に手を染めた......本当なら守るべき人たちを処刑人に引き渡してしまった」

この演説でシラクは、再び「憎悪の精神」と「人種差別的犯罪」が頭をもたげつつあることにも警鐘を鳴らしていた。

イラク戦争に異を唱えた

2002年の環境・開発サミットでは、地球温暖化対策の遅れを糾弾した。「自然が破壊されて乱用されているのに......私たちはその事実を認めようとしない。自分の家が燃えているのに、よそ見をしている」

2003年、イラク戦争の開戦が近づいていたときには、ブッシュ米政権に正面切って異を唱えた。米主導の戦争に参加しないと表明しただけでなく、イラク攻撃が中東と世界に壊滅的な打撃をもたらすと警告したのである。

一方、フランス国民はシラクの輝かしくない側面もたくさん見てきた。1995年の大統領選では経済格差の是正を訴えて当選したのに、就任早々に大々的な歳出削減と福祉改革に踏み切ろうとした(結局、大規模なデモにより方針撤回に追い込まれた)。2011年には、パリ市長時代の金銭スキャンダルで執行猶予付きの有罪判決も受けている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領のツイートに初めて「真偽確認」警告

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、鉄鋼や銀行などは高い

ビジネス

アングル:客室内の「空気」は安心か、航空業界に新た

ビジネス

世界の航空会社、コロナ後も厳しい財務状況に 業界団

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月