最新記事

人権問題

中国のイスラム教徒抑圧めぐり米が会合、30カ国参加 中国は反発

2019年9月25日(水)17時17分

米国は、国連総会に合わせて30カ国以上が参加した会合を主催し、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族を中心とするイスラム教徒に対し「おぞましい抑圧政策」を行っていると非難した。写真はモスクに置かれたカメラ。昨年9月にカシュガルで撮影(2019年 ロイター/THOMAS PETER)

米国は24日、国連総会に合わせて30カ国以上が参加した会合を主催し、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族を中心とするイスラム教徒に対し「おぞましい抑圧政策」を行っていると非難した。中国外務省は25日、米国の「うそ」に強く反対すると表明した。

24日の会合では、サリバン米国務副長官が「生還者が次々と国家による抑圧の恐怖を証言している状況で、(国連と加盟国には)非常に大きな責任がある」と述べた。

また、国連が中国による人権侵害に対し、緊密に監視できることを保障するのは、加盟国にとって道義的な義務と指摘。その上で国連は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に対して「迅速に、かつ妨害と監視を受けることなく」、新疆にアクセスできる方法を模索しなければならないと付け加えた。

副長官は、この日の会合について、カナダ、ドイツ、オランダ、英国が協賛し、30以上の国連加盟国と欧州連合(EU)代表団、20以上の非政府組織(NGO)、およびウイグル族の被害者らが出席したと説明した。

また、副長官は「中国のおぞましい抑圧政策を直ちに中止するよう要求し、それを強制する国際的な努力に参加するよう、他の勢力にも働きかけている。人権と自由に対するこの攻撃にわれわれがどう対応するかにより、歴史は国際社会を評価するだろう」と述べた。

欧州対外行動庁(EEAS)のアジア部門当局者は、EUは現状を「懸念して」おり、新疆への「意味のある」アクセスを求めたと説明。「虐待や拷問の情報に懸念を抱いている。中国は、常に条件付きでわれわれを収容施設に招いている。現在、自由なアクセスに向け条件を交渉している」と述べた。

トランプ大統領は、23日の会合に続き、24日も宗教迫害に終止符を打つよう求める発言を繰り返した。

国連によると、中国が過激論者の撲滅と新たな技能提供のための「職業訓練センター」と称する収容施設には、ウイグル族と他のイスラム教徒ら100万人余りが拘束されている。

中国外務省の耿爽報道官は25日の会見で、米国の「うそ」に強く反対すると表明。「米国のうそは事実と真実の前に崩れ去るだろう」と述べた。

*内容を追加しました。

[ニューヨーク/北京 25日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます




20191001issue_cover200.jpg
※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。



ニュース速報

ワールド

中国人富裕層の数、米国人を初めて上回る=クレディ・

ワールド

世界の再生可能エネルギー発電、5年間で50%拡大へ

ビジネス

情報BOX:混迷深めるユニゾHDめぐる動き、2ファ

ビジネス

ユニゾHD、引き続きフォートレスおよびブラックスト

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

※次号は10/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 2

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 3

    新EU離脱協定案はイギリス経済に「相当厳しい」内容だった

  • 4

    「歩くのが遅いと老化がすすむ」その兆候は40代半ば…

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    光がねじまげられる......ブラックホールをビジュア…

  • 8

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 9

    W杯アジア2次予選の北朝鮮vs韓国「無事に帰れたのは…

  • 10

    がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 7

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月