最新記事

人権問題

中国のイスラム教徒抑圧めぐり米が会合、30カ国参加 中国は反発

2019年9月25日(水)17時17分

米国は、国連総会に合わせて30カ国以上が参加した会合を主催し、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族を中心とするイスラム教徒に対し「おぞましい抑圧政策」を行っていると非難した。写真はモスクに置かれたカメラ。昨年9月にカシュガルで撮影(2019年 ロイター/THOMAS PETER)

米国は24日、国連総会に合わせて30カ国以上が参加した会合を主催し、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族を中心とするイスラム教徒に対し「おぞましい抑圧政策」を行っていると非難した。中国外務省は25日、米国の「うそ」に強く反対すると表明した。

24日の会合では、サリバン米国務副長官が「生還者が次々と国家による抑圧の恐怖を証言している状況で、(国連と加盟国には)非常に大きな責任がある」と述べた。

また、国連が中国による人権侵害に対し、緊密に監視できることを保障するのは、加盟国にとって道義的な義務と指摘。その上で国連は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に対して「迅速に、かつ妨害と監視を受けることなく」、新疆にアクセスできる方法を模索しなければならないと付け加えた。

副長官は、この日の会合について、カナダ、ドイツ、オランダ、英国が協賛し、30以上の国連加盟国と欧州連合(EU)代表団、20以上の非政府組織(NGO)、およびウイグル族の被害者らが出席したと説明した。

また、副長官は「中国のおぞましい抑圧政策を直ちに中止するよう要求し、それを強制する国際的な努力に参加するよう、他の勢力にも働きかけている。人権と自由に対するこの攻撃にわれわれがどう対応するかにより、歴史は国際社会を評価するだろう」と述べた。

欧州対外行動庁(EEAS)のアジア部門当局者は、EUは現状を「懸念して」おり、新疆への「意味のある」アクセスを求めたと説明。「虐待や拷問の情報に懸念を抱いている。中国は、常に条件付きでわれわれを収容施設に招いている。現在、自由なアクセスに向け条件を交渉している」と述べた。

トランプ大統領は、23日の会合に続き、24日も宗教迫害に終止符を打つよう求める発言を繰り返した。

国連によると、中国が過激論者の撲滅と新たな技能提供のための「職業訓練センター」と称する収容施設には、ウイグル族と他のイスラム教徒ら100万人余りが拘束されている。

中国外務省の耿爽報道官は25日の会見で、米国の「うそ」に強く反対すると表明。「米国のうそは事実と真実の前に崩れ去るだろう」と述べた。

*内容を追加しました。

[ニューヨーク/北京 25日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます




20191001issue_cover200.jpg
※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。



ニュース速報

ワールド

日韓GSOMIA終了せず、輸出管理の対話再開へ

ビジネス

中国主席、米との「第1段階」通商合意とりまとめに意

ワールド

韓国外相との会談を調整、緊密な協力維持が重要=茂木

ビジネス

独GDP、第3四半期は前期比+0.1%、景気後退回

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 6

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 9

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 10

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月