最新記事

米軍事

米空母で自殺が流行?1週間で3人、7月から4人

Three US Navy Sailors Commit Suicide Within One Week

2019年9月26日(木)14時38分
ケビン・ビリングズ

乗組員の自殺が相次ぐ米空母ジョージ・H・W・ブッシュ Hannah McKay-REUTERS

<空母ジョージ・H・W・ブッシュで兵士の自殺が相次ぎ、海軍の自殺率増加が問題に>

同じ空母に乗り組む米海軍の兵士3人が1週間足らずの間に相次いで自殺し、海軍における自殺率の増加に注目が集まっている。

9月14日と19日に自殺した3人の兵士の遺体が、いずれも基地外で発見されたと、米海軍専門誌ネイビー・タイムズが第一報を伝えた。3人は現在バージニア州沖に停泊中の空母ジョージ・H・W・ブッシュの乗組員で、自殺はそれぞれ別個に行われた。

海軍の報道官ジェニファー・クラッグ中佐によると、まず航空武器整備一等航海士の遺体が9月14日に見つかった。次いで19日に主任電子・核技能兵と飛行士がやはり遺体で発見された。

7月16日に自殺したもう一人の乗組員を加えると4人目で、同艦では自殺が「流行」しているのではないかという憶測も流れているが、クラッグはこれを否定する。少なくとも9月に死んだ3人は同じ部門に配属されたことはなく、それぞれの死の関連性を示す証拠はないという。

<参考記事>米海軍の潜水艦で女性乗組員の「レイプリスト」、艦長は解任

空母ジョージ・H・W・ブッシュの司令官であるショーン・ベイリー艦長がこれらの自殺についてフェイスブックに投稿したが、現在は削除されている。

海軍では自殺が急増

クラッグによれば、これでこの空母に乗り組む兵士の自殺は、過去2年間で5人になった。兵士の心理的動揺に対処するため、心理療法専門の即時対応チームが派遣されたという。

「1人の乗組員として、また仲間として、彼らは3人の死を深く悼んでいる。互いに支え合い、慰めが必要な仲間に手を差し伸べている」と、クラッグはネイビー・タイムズに寄せた声明で述べている。

<参考記事>米軍の新兵器は「サイボーグ兵士」、DARPAが開発中

米海軍では2016年以降、男女の兵士の自殺が急増。自殺率は2006年の2倍以上に上っている。

今年に入ってもこの傾向は続き、1月1日から9月5日までに現役の兵士と予備兵を合わせて50件の自殺が確認されている。

米国防総省によれば、米軍全体では現在、年間に10万人当たり、20.1人の自殺者が出ている。

20191001issue_cover200.jpg
※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ビットコイン6万ドル超え最高値に接近、発掘通貨の供

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

ビジネス

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿下の死去で適用される英王室の厳格な規定

  • 4

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月