最新記事

北朝鮮

北朝鮮、過去最大級の潜水艦の実力は

North Korea Building What May Be Largest Sub Yet with Multiple Missiles

2019年8月1日(木)15時45分
トム・オコナー

北朝鮮が行った潜水艦発射型弾道ミサイルの発射実験を映し出す韓国ソウルの街頭テレビ(2016年7月9日)  Kim Hong-Ji-REUTERS

<弾道ミサイルの搭載が可能な大型潜水艦を建造したという北朝鮮の発表にアメリカや韓国は戦々恐々>

7月31日に短距離弾道ミサイルの発射実験を行った北朝鮮は、地上発射型の兵器のほかにも、これまでで最大規模の潜水艦を建造している可能性がある。複数のミサイルを搭載し、水中から発射できる。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は7月23日、金正恩朝鮮労働党委員長が「新たに建造した潜水艦」の視察を行ったと報道。同潜水艦は「朝鮮半島の東の作戦水域(日本海)で任務を果たす」もので、「近いうちに配備される」と伝えた。新型潜水艦について憶測が飛び交うなか、韓国国防部は7月31日、国会の委員会で非公開のブリーフィングを行った。

<参考記事>北朝鮮の新造潜水艦は新たな脅威なのか

国会情報委員会の李恵薫委員長は記者団に対して、北朝鮮は3000トン級の潜水艦を建造したと主張しているものの、実際の規模はそれをやや下回るようだと説明。それでも、新型潜水艦は北朝鮮がこれまでに建造した中で最大規模のものであり、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を最大3基、搭載できる可能性があると語った。

老朽化が進むソ連製潜水艦の改造型か

韓国聯合ニュースによれば、同国防部はこの新型潜水艦について「(2500トン級の)シンポ型潜水艦よりもやや大きい可能性がある」と分析。北朝鮮の潜水艦部隊は、老朽化が進んでいる旧ソ連製ロメオ型(1800トン級)で構成されており、新型潜水艦はこれを改造したものである可能性があるとも指摘した。

<参考記事>北朝鮮の潜水艦ミサイルが日本にとって危険な理由

北朝鮮は70隻あまりの潜水艦を保有していると推定されている(保有数ではアメリカを上回る可能性がある)。だがその多くは冷戦時代にソ連と中国でつくられたもので、任務に耐えられるかどうか疑問視されている。冷戦で米韓を中心とする連合に対抗し、北朝鮮を支援したソ連と中国は、冷戦終結後も同国への支援を続けてきた。

北朝鮮は、ソ連が崩壊した頃に最大10隻のゴルフ2型潜水艦(排水量2800トン超)をはじめとする装備を予備として買ったと報じられているが、これらが実際に配備されたことがあるかどうかは不明だ。2017年に撮影された衛星写真には、北朝鮮が咸鏡南道新浦の造船所で大型潜水艦を建造しているらしい様子が映っていた。韓国の野党・自由韓国党のある議員は2018年、国防筋から聞いた話として、北朝鮮がSLBM最大3基を搭載可能な新型潜水艦の開発を行っていると主張していた。

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月