最新記事

北朝鮮

北朝鮮、過去最大級の潜水艦の実力は

North Korea Building What May Be Largest Sub Yet with Multiple Missiles

2019年8月1日(木)15時45分
トム・オコナー

北朝鮮は2015年以降、北極星1号(KN-11)とみられるSLBMを少なくとも5発、発射している。一連の発射実験の結果はまちまちだが、2016年8月の実験では、シンポ型潜水艦から発射されたとみられる北極星1号が約500キロ飛行し、日本の防空識別圏内に落下した。

戦略国際問題研究所(米シンクタンク)のミサイル防衛プロジェクトは、北極星1号の射程距離を最大1200キロと推定している。北極星1号は、改良型の地上発射型ミサイル北極星2号(KN15)と共に「開発中」の兵器に分類されている。

韓国軍の合同参謀本部によれば、北朝鮮は7月31日に短距離弾道ミサイル2発の発射実験を行った。高度は約30キロ、飛行距離は最大250キロと推定されている。北朝鮮は7月25日にも短距離ミサイル2発の発射実験を行っており、この時の飛行距離は約600キロ、最大高度は約50キロだった。

朝鮮中央通信は8月1日、発射されたミサイルは「新型の大口径のロケット砲」だったと発表。金正恩が「新兵器の標的になる勢力にとって避けられない打撃になる。本当に素晴らしい」と語り、満足していたと伝えた。

韓国軍はまた、25日に発射されたミサイルについて、ロシア製の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」に似ているとの見方を示していた。イスカンデルのシステムからは高速度・低高度のミサイルを発射することが可能で、米軍が導入しているTHAAD(高高度防衛ミサイル)システムにとって大きな脅威になりかねない。

(翻訳:森美歩)

20190806issue_cover200.jpg
※8月6日号(7月30日発売)は、「ハードブレグジット:衝撃に備えよ」特集。ボリス・ジョンソンとは何者か。奇行と暴言と変な髪型で有名なこの英新首相は、どれだけ危険なのか。合意なきEU離脱の不確実性とリスク。日本企業には好機になるかもしれない。


ニュース速報

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

ビジネス

英HSBC、株式部門で100人前後を削減へ=関係筋

ビジネス

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 7

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 8

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月