最新記事

フェス

祝ウッドストック50周年! 伝説のパフォーマンスを振り返る

Happy 50th Woodstock!

2019年8月1日(木)17時00分
ピーター・カルボナーラ、ハンク・ギルマン

ジミヘン UNITED ARCHIVES GMBHーALAMY/AFLO

<衝撃だったジミヘンのアメリカ国歌に、だるい演奏で観客が寝たグレイトフル・デッド――。3日間のステージを総ざらいで再検証>

あの頃、ベビーブーム世代は若かった。50年前の夏、雨にも負けず3日間、ウッドストックの農場で愛と平和と相互理解を誓った音楽の祭典に、みんなで熱狂したあの頃は。

もっとも、1969年8月15日から17日にかけてニューヨーク州ベセルで開かれたあの壮大な野外フェスティバルに参加できたのは40 万人ほどにすぎない。残りの人は翌年3月に全米で封切られたドキュメンタリー映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の3日間』とそのサウンドトラックで、あの興奮を追体験することになった。

もちろん演奏は素晴らしい。ジョー・コッカー、ザ・フー、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、サンタナ、そしてもちろんジミ・ヘンドリックス。いま聴いても震えが来る。

では映画は? はっきり言って、今さら見る価値はないと思う。泥んこで転げ回る人々や交通渋滞を延々と見せられるのは退屈だし、「LSDには手を出さないで」というアナウンスも一回聞けば十分だ。

それに、なぜか劇場版の映画に収録されなかった素晴らしい演奏もある。そこで本誌は極上のパフォーマンス(とカットされて当然のしょぼいライブ)を求めてディレクターズカット版を全編見直し、インターネット上の映像も探しまくった。以下はその成果。エンジョイ!

映画で見たかった演奏

スウィートウォーター

映画には出てこない。トップバッターを務めるはずが渋滞で遅刻。出番がフォーク歌手リッチー・ヘブンズの伝説的ステージの後になったのが運の尽きだ。

多人種混合の面白いサイケなバンドだった。なにしろチェロのソロ演奏で幕を開けたのだから肝が据わっている。紅一点でリードシンガーのナンシー・ネビンズは、ウッドストックらしからぬピンクのドレス姿だ。

フェスの数カ月後にネビンズが自動車事故で重傷を負い、バンドは活動を停止したが、テレビの『プレイボーイ・アフターダーク』に出演した際の映像が今もネットで見られる。

バート・ソマー

ウッドストックの「忘れられた男」。ルックスに美声にカリスマと、スターの素質はそろっていた。カーリーヘアがトレードマークで、ブロードウェイミュージカル『ヘアー』にも出演した。

ウッドストックではツイン・エレキギターとオルガンをバックに愛を歌うソマーに、観客が熱狂。3日間で観客が総立ちになったのは彼のライブだけだったと言われている。ブレイク必至の新星が映画からもアルバムからも漏れた裏には大人の事情があったらしい。ソマーはキャピトル・レコードと契約していたが、サントラ盤を制作したのはアトランティック・レコーズ傘下のコティヨンだった。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

EU、5G供給業者の厳格な選定で合意 ファーウェイ

ワールド

トランプ氏、香港法案巡り明言せず 武力弾圧阻止は「

ビジネス

米国株109ドル高、米中協議巡る発言好感 テスラさ

ビジネス

ドル上昇、好調な米経済指標受け=NY市場

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    南洋の小国ツバル、中国に反旗 中華企業の人工島建設を拒絶、親台湾姿勢を堅持

  • 2

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

  • 3

    韓国の「リトル東京」から日本人が消える?

  • 4

    息子の嫁を買うために母は娘を売る──児童婚犠牲者の…

  • 5

    香港高裁と北京政府が激突

  • 6

    「韓国に致命的な結果もたらす」文在寅を腰砕けにし…

  • 7

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 8

    「韓国は日本の従属物にさせられる」北朝鮮も民族の…

  • 9

    半分切除された脳は、結合を強めて失った機能を補う

  • 10

    中国はやはり香港人を拘束し拷問するのか──英領事館…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 9

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 10

    南洋の小国ツバル、中国に反旗 中華企業の人工島建設…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月