最新記事

極右

ネオナチに飲ませる酒はない! 住民がビール買い占め ドイツ夏フェス

2019年6月28日(金)15時40分
モーゲンスタン陽子

ネオナチが集まるオストリッツのロックフェスティバル WELT Nachrichtensender-YouTube

<旧東ドイツのオストリッツで開かれるロックフェスティバルは、多くのネオナチが集まることで有名になったが、今年は混乱を懸念した地元住民たちが結束して、町のスーパーからビールを買い占めてしまった......>

旧東ドイツはザクセン州、ポーランド国境に接するオストリッツは、人口2,400人程度の小さな町だ。この町で開かれるロックフェスティバルはだが、各地から大勢のネオナチが押し寄せることで知られている。昨年の参加者は約1,200人以上だった。

今年も先週末、同フェスティバルが開かれた。だが開催に先駆け、ザクセン州上級行政裁判所が、出演者や参加者の暴力的な性質を考慮してフェスでのアルコール販売を禁止。さらに、ネオナチたちが酒を求めて町に繰り出すことを見越した住民たちが協力して、フェスティバル前に町中のビールを買い占めてしまった。

小さな町で、住民が立ち上がった

夏のヨーロッパは、週末に泊まり込みで参加する音楽フェスティバルが目白押しだ。ポーランド国境からわずか数メートルのオストリッツのホテル敷地内で開催される「シルト・ウント・シュウェルト(盾と剣)」ロックフェスティバルもそんな夏フェスの1つだ。ただし、他都市のフェスティバルが比較的穏やかなのに対し、オストリッツのフェスティバルは出演者・参加者ともに極右の白人至上主義者が多いことで知られている。

今年も6月21、22日に同フェスティバルが開かれた。しかし、ザクセン州上級行政裁判所が同イベントでのアルコール販売・消費を禁止。金曜日に警察により4,200リットルのビールが没収され、土曜日にさらに200リットルが没収された。主催者側は「過去のイベントではアルコール可でも問題は起きなかった」と主張したが、裁判所は「アルコールにより暴力が増加する確率が高くなる」としてこれを退けた(ドイツ通信社)。

さらに、ネオナチ集団を徹底的に排除したい地元住民たちが結束し、町のスーパーからビールを買い占めてしまった。買い占めはとくに1箇所のスーパーで行われたようだ。自家用車に荷台を連結し、数十ケースも購入していく人もいた。この変わった作戦の計画はフェスティバルの約1週間前に住民によって自発的に始まったようだが、同州のカトリック団体IBZもこれに参加した。



会場には他地域からの応援部隊も含めた1,400人の警官が配置され、警察もアルコール没収の様子などをこまめにツイートした。今年のフェスティバルでは開催前に750人の参加登録があったようが、土曜日には600人、さらに夜までには500人に減り、結果として昨年の半数以下になったようだ。

ザクセンのミヒャエル・クレッチマー州知事は「このような小さな町で......ここには極右の居場所はないということを明確にするために住民が立ち上がったことをとても誇りに思う」と、地元住民の対応を称賛した。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

一部諸国、ロックダウン緩和で感染増加の傾向=WHO

ビジネス

5月米雇用250万人増、失業率は13.3%に改善

ワールド

北朝鮮、中国の香港政策に支持表明

ワールド

アングル:持続化給付金、委託費巡り野党追及 2次補

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 10

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 10

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月