最新記事

核戦争

米ロ核増強でよみがえる『博士の異常な愛情』の悪夢

U.S. Military Said Using Nuclear Weapons Could Have ‘Decisive Results’

2019年6月20日(木)16時52分
トム・オコナー

カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地で試験発射された大陸間弾道ミサイルICBMミニットマンⅢ(2015年) Joe Davila/U.S. Air Force

<米ロが徐々に核増強に転じるなか、米軍が公開してすぐ削除した書類には、キューブリック作品で核使用の有効性を説くストレンジラブ博士が登場していた>

米軍が公開してすぐ削除した報告書がある。そこには、実戦における核兵器使用の有効性を論じた内容が含まれていたようだ。

統合参謀本部が先週公開した非機密文書「核兵器:計画立案と標的設定」は、米国防総省のウェブサイトからすぐに削除されたが、全米科学者連盟がその前にコピーを保存した。政府の機密計画の分析を専門とするスティーブン・アフターグッドは、そこに書かれた「ストレンジラブ風の一節」に注目した。ストレンジラブとは、米ソの核戦争の危機を風刺したスタンリー・キューブリック監督の1964年の映画『博士の異常な愛情』の主人公、ストレンジラブ博士のことだ。

問題の一節は、「核兵器の使用は、決定的な結果と戦略的な安定の回復のための条件を創出する。具体的には、戦闘領域を根底的に変え、指揮官が戦いで優位に立つ方法に影響を与える条件を創り出す」というもの。

しかも、この報告書の冒頭には、1960年代初めに核戦争について論じ、ストレンジラブ博士のモデルとなったことでも知られる未来学者のハーマン・カーンの以下の言葉が引用されている。「私の予想では、今後100年間のいずれかの時点で核兵器が使用されるだろうが、広範囲の無制限な使用ではなく、小規模の限定的な使用となる確率がはるかに高い」

<参考記事>朝鮮有事想定、米軍核搭載爆撃機26年ぶりの臨戦態勢へ準備

中国も巻き込みたいトランプ

2017年にドナルド・トランプが大統領に就任すると、本誌はその後の数カ月に2回にわたって、『博士の異常な愛情』さながら、衝動的な指導者が核攻撃を命じてしまう事態に警鐘を鳴らす論説を掲載した。過去何十年も核戦争はフィクションの世界の悪夢ですんできたが、ここ数年アメリカとロシアが互いの軍縮条約違反をあげつらうようになり、現実の世界でも核の使用に対する歯止めが効かなくなりつつある。

<参考記事>もし第3次世界大戦が起こったら

米政府は、ロシアが1987年の中距離核戦力(INF)全廃条約に違反し、射程範囲500〜5500キロのミサイル・システムの開発を進めているとして、今年2月同条約からの離脱を通告。ロシア側も、米軍がルーマニアに配備したミサイル迎撃システム、イージス・アショア(その後ポーランドにも配備)は攻撃にも使用できるため、同条約違反であると主張し、離脱を表明した。

トランプは米ロの核軍縮条約に中国も入れたい考えだ。そのため米政府は2021年に期限切れとなる新戦略兵器削減条約(新START)の更新に向けた交渉を延期してきた。だが、米ロに比べ核兵器の保有量が大幅に少ない中国は、米政府が2015年のイラン核合意など核拡散防止のための既存の国際協定すら尊重していない現状(アメリカは2018年にイラン核合意から一方的に離脱した)では、そうした交渉には「一切」応じられないと明言している。

<参考記事>中国の核融合実験装置(人工太陽)で太陽の約7倍にあたる1億度を達成

米ロはまた、カーンが使用を予測し、その後も多くの専門家が使用される可能性が高いと警告してきた「低出力核兵器」の開発についても、非難合戦を繰り広げている。ロシアはまた、トランプ政権が2017年に発表した「核体制の見直し(NPR)」を核軍縮に逆行すると批判。米側も、ロシアが開発した新型の極超音速巡航ミサイル(アメリカのミサイル防衛網を突破できるとされる)は条約違反だと主張している。

<参考記事>ロシア「撃ち落とせない極超音速ミサイル」を実戦配備へ

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 3

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 9

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月