最新記事

ビジネス

乱世のゲーム業界にレトロなドット絵アートで挑む

A Guppy Takes on the Whales

2019年6月14日(金)17時10分
モ・モズチ

「大衆受けを狙わない」

ほかにもチャックルフィッシュは、インディーズのデベロッパーと提携して販売した11タイトルで成功を収めている。うまくやるコツは「ただ見守ること」だと、カトカスは言う。「どんなゲームにするか口出ししないし、開発にも携わらない。多くのパブリッシャーは、うちのようなやり方をしない。デベロッパーとの間に、相当の信頼関係がないとできないから」

チャックルフィッシュは小所帯だからこそ、デベロッパーとより濃密な関係を築くことができる。同社から今年4月に『パスウェイ』を発売したサイモン・バックマンは、チャックルフィッシュは開発に干渉してこないし、あまり金をかけないところもいいと言う。

「巨額の資金を投じると、リスクを最小限に抑えて、安全パイのコンセプトでゲームを作ることになる」と、バックマンは言う。デベロッパーとしては大手には却下されそうなコンセプトも、チャックルフィッシュならチャンスがあるかもしれない。

昨年9月に発売された『タイムスピナー』のデベロッパー、ボディー・リーも同じ意見だ。「大衆受けを狙わなくていい。自分たちが好きなゲームだけを作れるところがいい」

チャックルフィッシュでは毎年、何千本ものソフトや何百もの企画の中から、どのソフトを発売するかを選ぶ。決定する際の基準は、自分たちの気に入ったゲームならユーザーも気に入ってくれるという直感だ。

チャックルフィッシュが選ぶソフトはいずれも、スーパーファミコンやメガドライブのような昔ながらのゲーム機で遊びたくなるレトロなアートスタイルが特徴だ。意図してそういう作品を選んでいるというより、偶然そうなっているとカトカスは言う。「美的な部分について特別な基準は設けていないけど、ドット絵のゲームに引き付けられる傾向はあるかな」

カトカスは『スターデュー・バレー』から『パスウェイ』『タイムスピナー』に至るゲームの販売で成功したカギは、たった1つの事実に集約できるとも語る。

「僕らはとにかく、たくさんゲームをやってるから」と、カトカス。「本当にたくさんやってるんだ」

<本誌2019年6月18日号掲載>

20190618issue-cover200.jpg
※6月18日号(6月11日発売)は「名門・ジョージタウン大学:世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論」特集。「全米最高の教授」の1人、サム・ポトリッキオが説く「勝ち残る指導者」の条件とは? 必読リーダー本16選、ポトリッキオ教授から日本人への提言も。


20201208issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月8日号(12月1日発売)は「202X年の癌治療」特集。ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化。日本と世界の最先端医療が癌を克服する日は――

ニュース速報

ワールド

再送-情報BOX:バイデン政権の閣僚・要職候補者の

ビジネス

ユーロ圏CPI、11月速報値は前年比ー0.3% 4

ワールド

菅首相と小池都知事、高齢者などのGoToトラベル自

ビジネス

イタリア成長率、第3四半期は前期比+15.9% 回

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 3

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 6

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 7

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月