最新記事

農業

自然災害に盗難・殺人 銀より高い「バニラ」その知られざる裏事情

2019年6月11日(火)16時05分

バニラの「ダークサイド」

「グリーン・ゴールド(緑の金)」と呼ばれることもあるバニラの需要は極めて高く、盗難や殺人事件も起きている。

「バニラのダークな側面だ。スイートなものなので、あまり知られていないけれど」と、ベン&ジェリーズ事業に携わるシェリル・ピント氏は言う。同社はほとんどのアイスクリームに加え、クッキー生地などにもバニラを使っているという。

ピント氏は、「社会的使命」を持って同社のサプライチェーンを任されているという。

ウガンダではバニラの収穫を守るため、「農夫は夜、畑で眠る。殺人や暴力事件が起きたこともある。ひどいものだ」と、彼女は言う。

ウガンダ政府は今月、収穫期日を設定した際に、価格高騰で「盗難や人命の損失」が起きていると訴えた。

暴力は双方向で発生している。ロイターは昨年、マダガスカルの生産者が、取り押さえた窃盗容疑者に暴行して死亡させた事件を報じている。

バニラが貴重なのは、生産に多大な手間がかかるからだ。

新芽が花をつけるまでに3-4年かかるほか、受粉できるのは年間数日だけで、夜明け前の4時間に手で行わなければならない。開花から出荷までは平均して16-18カ月必要で、600輪の花を手作業で受粉しても、乾燥バニラビーンズは1キロしか取れない。

芽が花を付けるには、土台となり日陰を提供してくれる木に根を絡ませなければならない。また生産地は、赤道付近に限られる。

マコーミックが扱う「バーボンバニラ」が、世界で最も人気があるという。古くはメキシコで栽培されたが、この100年余りで、マダガスカルにおいて、そのほとんどが生産されるようになった。他所の農家は、時間がかかりデリケートなバニラ栽培は、不確実性や価格変動を考えれば割に合わないと考えたからだ。

プラット氏は、インドネシアでどの程度生産すれば市場価格が鎮静に向かうのか分からないという。

マダガスカルでバニラ輸出を手掛けるタムフンマン・トンボ氏は、他の産地では十分な生産はできないとみている。

「30年以上バニラの仕事をしているが、これまでもバイヤーが他の産地を探している、他国の生産者と協力を始める、などと聞かされてきた」とトンボ氏は語る。「その手の揺さぶりには慣れているので、あまり怖くない。インドネシアでは、マダガスカルほど良質のバニラは取れないだろう」と付け加えた。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ジョンソン英首相が集中治療室入り、新型コロナの症状

ワールド

コロナ制限措置の解除慎重に、マスクは医療関係者優先

ワールド

イラン、新型コロナ巡る米国の支援受け入れず=外務省

ワールド

NY州、新型コロナ死者の増加横ばいに 危機安定期入

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 3

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わるパートナー関係

  • 4

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 5

    スペインのコロナウイルス流行に収束の兆し

  • 6

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 7

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 8

    「恐怖の未来が見えた」NYの医師「医療崩壊」前夜を…

  • 9

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 10

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月