最新記事

農業

自然災害に盗難・殺人 銀より高い「バニラ」その知られざる裏事情

2019年6月11日(火)16時05分

バニラの「ダークサイド」

「グリーン・ゴールド(緑の金)」と呼ばれることもあるバニラの需要は極めて高く、盗難や殺人事件も起きている。

「バニラのダークな側面だ。スイートなものなので、あまり知られていないけれど」と、ベン&ジェリーズ事業に携わるシェリル・ピント氏は言う。同社はほとんどのアイスクリームに加え、クッキー生地などにもバニラを使っているという。

ピント氏は、「社会的使命」を持って同社のサプライチェーンを任されているという。

ウガンダではバニラの収穫を守るため、「農夫は夜、畑で眠る。殺人や暴力事件が起きたこともある。ひどいものだ」と、彼女は言う。

ウガンダ政府は今月、収穫期日を設定した際に、価格高騰で「盗難や人命の損失」が起きていると訴えた。

暴力は双方向で発生している。ロイターは昨年、マダガスカルの生産者が、取り押さえた窃盗容疑者に暴行して死亡させた事件を報じている。

バニラが貴重なのは、生産に多大な手間がかかるからだ。

新芽が花をつけるまでに3-4年かかるほか、受粉できるのは年間数日だけで、夜明け前の4時間に手で行わなければならない。開花から出荷までは平均して16-18カ月必要で、600輪の花を手作業で受粉しても、乾燥バニラビーンズは1キロしか取れない。

芽が花を付けるには、土台となり日陰を提供してくれる木に根を絡ませなければならない。また生産地は、赤道付近に限られる。

マコーミックが扱う「バーボンバニラ」が、世界で最も人気があるという。古くはメキシコで栽培されたが、この100年余りで、マダガスカルにおいて、そのほとんどが生産されるようになった。他所の農家は、時間がかかりデリケートなバニラ栽培は、不確実性や価格変動を考えれば割に合わないと考えたからだ。

プラット氏は、インドネシアでどの程度生産すれば市場価格が鎮静に向かうのか分からないという。

マダガスカルでバニラ輸出を手掛けるタムフンマン・トンボ氏は、他の産地では十分な生産はできないとみている。

「30年以上バニラの仕事をしているが、これまでもバイヤーが他の産地を探している、他国の生産者と協力を始める、などと聞かされてきた」とトンボ氏は語る。「その手の揺さぶりには慣れているので、あまり怖くない。インドネシアでは、マダガスカルほど良質のバニラは取れないだろう」と付け加えた。

ニュース速報

ビジネス

10月貿易収支は173億円の黒字=財務省

ワールド

ボリビア、前大統領支持派によるプラント閉鎖解除へ装

ビジネス

カナダ最大の鉄道会社の労働者がスト、主要輸出品移送

ビジネス

ドバイ航空ショー、ボーイング737MAXに販売回復

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 6

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 7

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 8

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 9

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月