最新記事

宇宙開発

NASAがISSを民間利用に開放、費用はどのくらい?

NASA Wants Your Business On The International Space Station

2019年6月10日(月)16時44分
ヘイリー・プロコス

2018年10月、ロシアの宇宙船ソユーズから撮影した国際宇宙ステーション(ISS) NASA

<NASAの狙いは、「低軌道上の経済圏」を活性化して自らもそこから利益を得ることだ>

NASAは6月7日、民間企業に対して国際宇宙ステーション(ISS)の商業利用を認める方針を明らかにした。また、民間の宇宙飛行士のISS滞在も受け入れるという。

NASAは今後、製品開発や宣伝を目的とした民間企業によるISSの有償利用を認めるという。NASAの宇宙飛行士という人材や専門技術を含むISSのさまざまな「リソース」を商業目的で利用することも認める。また20年以降、民間企業が宇宙飛行士をISSに送り込むことも可能になるという。

7日の記者会見でNASAの代表者らは、NASAなどがさまざまなサービスを有償で調達できるような経済圏を低軌道(ISSが回っている軌道)上に築くことが長期的な目標だと述べた。このためにNASAは全予算の5%を割くという。

NASAは昨年、民間企業12社を選び、低軌道上における経済活動の将来性や宇宙旅行の需要喚起のために何が最も効果的かについて研究・評価をさせた。12社はISSから収益を上げる方法について議論を交わした結果、ISSのリソースを活用した製品開発やマーケティングを民間企業に認めることが、NASAの求める低軌道上の経済活性化につながると結論づけた。

ISSの利用が認められる活動は、NASAのミッションと関係があるか、低軌道上の経済活性化につながるか、無重力環境を必要としているかのいずれかだという。

また、民間宇宙飛行士のISS受け入れは年に2回、計12人程度に限定されるという。

幅広い創造性や発明の才に期待

宇宙旅行で滞在もできるが、費用は相当かかりそうだ。ISSまで飛ぶ「足」は民間企業で手配しなければならないし、滞在費も払う必要がある。

現時点では、スペースXやボーイングが開発中の新型宇宙船を利用する以外に選択肢はなく、「いくらに価格設定するかは両社しだい」だとNASAの最高財務責任者(CFO)であるジェフ・デウィットは言う。

参考までに、NASAが負担している宇宙飛行士1人当たりの打ち上げ費用は約8000万ドルで、何とかして5000万ドルまで減らそうと努力しているところだ。

滞在費については、1人につき1泊3万5000ドル程度を想定しているとデウィットは言う。

「(ISSを舞台に)創造性や発明の才を駆使し、将来的な収益につなげる方法を見つけ出すのは皆さん次第だ」と、NASAで有人探査を統括するビル・ジャーステンマイヤーは言う。

またジャーステンマイヤーはこうも述べた。「われわれは宇宙を商業活動に開放して民間企業から利益を得られるようにする方策を見きわめるための、民間との開かれた活発な対話を始める入り口にいる。これはどちらにとっても成長・学習体験になるだろう」

計画の効率を高めるため、NASAはISSの商業利用に関心を持つ企業などに対し、意見を求めている。

(翻訳:村井裕美)

【人気動画】ISS内の生活はどうなっているの?

ニュース速報

ビジネス

心臓手術受けたJPモルガンCEOが業務復帰

ビジネス

日経平均は反発スタート、石油・石炭製品が買われる

ビジネス

日産、英工場の操業停止を4月末まで延長 スペインで

ビジネス

米GMとホンダ、新型EV2車種を共同開発へ さらな

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月