最新記事

北朝鮮

朝鮮半島を不安定化させるトランプの金正恩「愛」

Trump's Love of Kim Creates a 'Destabilizing Situation' Among Allies

2019年5月15日(水)16時22分
ジェイソン・レモン

金正恩に、会えばご機嫌のトランプ(2018年6月、シンガポールで) KCNA/REUTERS

<昨年6月以来、2度の米朝首脳会談を開きながら、北朝鮮の非核化どころかミサイル実験が再開した。トランプが同盟国の言うことより金正恩の言うことを信じるからだ>

バラク・オバマ政権下で国家安全保障問題担当の大統領副補佐官を務めたベン・ローズは先週、アメリカの同盟国よりも北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長を信頼するドナルド・トランプ大統領の姿勢が「危険で不安定な状況」を助長し、全世界に影響を及ぼすおそれがあると警告を発した。

ローズのコメントは、北朝鮮が今月に入って2度目のミサイル発射実験を行ったことを受けたもの。ローズをインタビューしたMSNBCの番組司会者は、2月にベトナムで開かれた初の米朝首脳会談の際に、金が兵器実験は実施しないと信じている、と断言するトランプのVTRを流した。「彼の言葉をそのまま信じる」とトランプは当時、語っていた。

「これまでに見てきた限りでは、トランプ大統領は金正恩を褒め上げ、華々しい首脳会談を楽しんでいるようだが、実際にはなんの進展もない」とローズは語った。「北朝鮮は、核開発計画をまったく縮小していない。弾道ミサイル計画もまったく縮小していない」

<関連記事>「何も決めない」米朝首脳会談を生んだトランプ外交

「この大統領が金正恩の言葉を何度でも信用するのは、きわめて異常なことだ」

国家安全保障の専門家であるローズは、トランプは北朝鮮ではなく、韓国や日本といった同盟国と密に連携すべきだと指摘した。トランプは、「一貫して同盟諸国を金正恩よりも軽く扱っており、そのせいで世界全体がきわめて危険で不安定な状況になっている」とローズは述べた。「アメリカは、きわめて近しい同盟諸国から約束を守れない国と見なされている」

<関連記事>米朝首脳会談で戦争のリスクは高まった

ローズによれば、金としてもトランプは御しやすい相手だ。「トランプにお世辞を言い、派手な舞台さえ与えておけば、あとは何も必要はない」

核開発計画はむしろ拡大

トランプが金をたびたび称賛し、非核化の可能性に関して楽観的な発言を繰り返す一方で、米朝政府間の協議は2月末にベトナムのハノイで行われた2度目の米朝首脳会談が決裂して以降、つまずいたまま。

そして北朝鮮は5月4日、1年5カ月ぶりに弾道ミサイル実験を再開した。それでもトランプは、金は「わたしとの約束を破りたいとは思っていない」と述べた。

5月8日には、米国防総省捕虜・行方不明者調査局(DPAA)の報道官が、北朝鮮に残された数千体にのぼる米兵の遺骨収集を一時中止したことを認めた。北朝鮮と連絡が取れなくなったためだ。トランプは以前から、遺骨を返還するという金の約束を褒めそやしてきたのに、それも裏切られた。

専門家たちは以前から、トランプ政権の対北朝鮮政策を懐疑的に見ていた。ローズも指摘しているように、トランプの楽観的な発言にもかかわらず、金は北朝鮮の非核化を実現するための意味のある政策を何もとっていない。衛星画像や複数の報告は、協議を継続するかたわらで、北朝鮮が実際には核開発計画を拡大していることを示唆しているというのに。

<関連記事>北朝鮮は核開発を継続している、元CIA分析官が警告

(翻訳:ガリレオ)

20190521cover-200.jpg
※5月21日号(5月14日発売)は「米中衝突の核心企業:ファーウェイの正体」特集。軍出身者が作り上げた世界最強の5G通信企業ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)。アメリカが支配する情報網は中国に乗っ取られるのか。各国が5Gで「中国製造」を拒否できない本当の理由とは――。米中貿易戦争の分析と合わせてお読みください。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月