最新記事

インドネシア

ジャワサイ、腸内バクテリアで中毒死? 繁殖難しく67頭のみで絶滅の危機

2019年5月4日(土)15時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

今回、死骸が発見されたジャワサイ。 © インドネシア林業環境省

<世界中にわずか5種しかいないサイ。そのいずれもが絶滅の危機にあり、もはや自然繁殖では種の存続が厳しい状況に追い込まれている>

インドネシア・ジャワ島西端にある「ウジュン・クロン国立公園(TNUK)」内のジャングルで絶滅の危機に瀕している大型哺乳動物のジャワサイ1頭の死骸が発見された。

国立公園管理当局などが死因を調査しているが、今のところ密猟などの被害ではなく、病死の可能性が高いとみられている。

同国立公園では2018年4月にもジャワサイの死骸が発見されるなど減少が進んでおり、インドネシア森林環境省や自然保護団体などの調査によると残るジャワサイは67頭になったとみられ、インドネシア当局の早急な対策が求められている。

4月25日に地元マスコミが報じたところによると、3月21日昼ごろに同国立公園内バンテン州チタダハン森林地区をパトロール中の国立公園管理事務所関係者がぬかるみに横たわる大型動物の死骸を発見した。

そして調査の結果、若いオスのジャワサイであることが判明したものの正確な年齢についてはこれまでのところ分かっていない。

TNUKのモニカ・ラマニンシ広報担当は、死骸には出血も目立った外傷もないことから内臓などの病気の可能性があるとみて、関係機関で解剖して死因を特定したいとしている。

「腸の疾患による病死の可能性がある」としているが、それは同じTNUK内のカランランジャン海岸で2018年4月に死骸で発見された推定年齢40歳のオスのジャワサイが「微生物のバクテリアが腸内で発生し、それが全身に回り一種の中毒症状となって内臓にダメージを与えたことによる病死」だったことから、今回も同じである可能性を指摘しているのだ。

減少し続けた絶滅危惧種、現在わずか67頭

ジャワサイは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「ごく近い将来に野生種が絶滅する危険が極めて高い」という「絶滅危惧ⅠA種」に指定され、インドネシア国内法でも保護が義務付けられている。

かつてはインドや東南アジア一帯に生息していたが、密猟や生息地の自然環境破壊などから個体数が激減。2011年10月にベトナムで確認されていたジャワサイの最後の1頭が密猟で殺されたことでベトナムでは絶滅し、現在ではインドネシアのTNUKとその周辺でしか生息は確認されていない。

インドネシア政府などの調査でこれまでジャワサイは68頭が確認され、その内訳は大人のオスが29頭、大人のメスが24頭、子供が15頭だった。しかし、今回1頭が死骸で発見されたことで、残る生息数は67頭となったことになる。

今回死骸で発見されたジャワサイについてのインドネシア林業環境省のツイート

ニュース速報

ビジネス

政府系ファンド、第3四半期に株式への投資加速=調査

ビジネス

シンガポールGDP改定値、前年比+0.5% 景気後

ワールド

訂正:香港人権法案、米下院が可決 大統領に送付

ワールド

英労働党が政権公約公表へ、富裕層との対決姿勢盛り込

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月