最新記事

日米関係

令和初の国賓でトランプ来日 「ゴルフ・大相撲」のおもてなしで日本経済守れるか?

2019年5月24日(金)12時30分

5月24日、トランプ米大統領が、新天皇即位後初の国賓として25日から28日まで日本を訪れる。写真は専用機で手を振る同大統領。ペンシルベニア州 で20日撮影(2019年 ロイター/Carlos Barria)

トランプ米大統領が、新天皇即位後初の国賓として25日から28日まで日本を訪れる。安倍晋三首相は、大統領とゴルフをプレーし、大相撲を観戦するなど日米の「蜜月」をアピール。夏の参院選を前に「外交力」を印象付ける狙いもありそうだ。ただ、日米首脳会談では、自動車・農産物などの通商交渉も議論するとみられ、友好ムードの裏での駆け引きからも目が離せない。

トランプ大統領は25日夕、専用機で羽田空港に到着。26日午前は、千葉県茂原市のゴルフ場で安倍首相と自慢の「腕前」を競う。青木功プロも招待され、両首脳とプレーするとみられる。

同日夕には東京・墨田区の両国国技館で大相撲夏場所・千秋楽の取り組みを桟敷席から楽しむ予定。優勝力士の表彰セレモニーでは、大統領自ら土俵に上り、「トランプ杯」を授与する。

その後は、東京・六本木の炉端焼き店で安倍首相主催の非公式夕食会が催される。

27日午前は、令和時代初の国賓として皇居で天皇・皇后両陛下と会見する。終了後、東京・元赤坂の迎賓館で安倍首相と首脳会談に臨み、午後に安倍首相との共同記者会見が行われる。

同日夜は皇居・宮殿での宮中晩餐会に出席。28日は海上自衛隊・横須賀基地でいずも型護衛艦「かが」を訪問する。

米大統領が3泊4日の予定で日本に滞在するのは、1992年のブッシュ大統領の訪日以来。

複数の政府・与党関係者によると、新天皇即位後初の国賓として、中国の習近平国家主席を迎えるアイデアも政府内に一時、あったとみられるが、日米基軸の外交方針を内外に示すうえでも、トランプ大統領を迎えることが適切との判断にいたったようだ。

トランプ大統領と安倍首相は今年4月末にワシントンで首脳会談を行ったばかり。

大統領は6月末に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に参加するため、再度訪日する予定。3カ月で3回の日米首脳の顔合わせは、前例がないという。

ただ、「蜜月関係」とは別に、国益がぶつかり合う激しい交渉が展開されている。茂木敏充経済再生相とライトハイザー米通商代表(USTR)代表が担当している日米通商交渉だ。

首脳同士がゴルフや大相撲を楽しんでいる一方、農業分野や自動車問題で、しのぎを削るようなやり取りが展開されそうだ。

主要なテーマになる日本から米国への自動車輸出や米国産農産物の日本への輸出拡大では、日米間の主張に大きな隔たりがあり、今回のトランプ大統領の訪日期間中に、何らかの大枠で合意する見通しは立っていない。

ただ、トランプ大統領は来年の米大統領選を見据え、早期の合意と明白な「果実」の獲得に積極的とみられ、日本側はトランプ大統領の「ツルの一声」による圧力を強く警戒している。

竹本能文 編集:田巻一彦

[東京 24日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 2

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果

  • 3

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸せなことか

  • 4

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 5

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 6

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネー…

  • 10

    米軍は駐留米軍「総力」で韓国を防衛する(米軍幹部)

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月