最新記事

日米関係

令和初の国賓でトランプ来日 「ゴルフ・大相撲」のおもてなしで日本経済守れるか?

2019年5月24日(金)12時30分

5月24日、トランプ米大統領が、新天皇即位後初の国賓として25日から28日まで日本を訪れる。写真は専用機で手を振る同大統領。ペンシルベニア州 で20日撮影(2019年 ロイター/Carlos Barria)

トランプ米大統領が、新天皇即位後初の国賓として25日から28日まで日本を訪れる。安倍晋三首相は、大統領とゴルフをプレーし、大相撲を観戦するなど日米の「蜜月」をアピール。夏の参院選を前に「外交力」を印象付ける狙いもありそうだ。ただ、日米首脳会談では、自動車・農産物などの通商交渉も議論するとみられ、友好ムードの裏での駆け引きからも目が離せない。

トランプ大統領は25日夕、専用機で羽田空港に到着。26日午前は、千葉県茂原市のゴルフ場で安倍首相と自慢の「腕前」を競う。青木功プロも招待され、両首脳とプレーするとみられる。

同日夕には東京・墨田区の両国国技館で大相撲夏場所・千秋楽の取り組みを桟敷席から楽しむ予定。優勝力士の表彰セレモニーでは、大統領自ら土俵に上り、「トランプ杯」を授与する。

その後は、東京・六本木の炉端焼き店で安倍首相主催の非公式夕食会が催される。

27日午前は、令和時代初の国賓として皇居で天皇・皇后両陛下と会見する。終了後、東京・元赤坂の迎賓館で安倍首相と首脳会談に臨み、午後に安倍首相との共同記者会見が行われる。

同日夜は皇居・宮殿での宮中晩餐会に出席。28日は海上自衛隊・横須賀基地でいずも型護衛艦「かが」を訪問する。

米大統領が3泊4日の予定で日本に滞在するのは、1992年のブッシュ大統領の訪日以来。

複数の政府・与党関係者によると、新天皇即位後初の国賓として、中国の習近平国家主席を迎えるアイデアも政府内に一時、あったとみられるが、日米基軸の外交方針を内外に示すうえでも、トランプ大統領を迎えることが適切との判断にいたったようだ。

トランプ大統領と安倍首相は今年4月末にワシントンで首脳会談を行ったばかり。

大統領は6月末に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に参加するため、再度訪日する予定。3カ月で3回の日米首脳の顔合わせは、前例がないという。

ただ、「蜜月関係」とは別に、国益がぶつかり合う激しい交渉が展開されている。茂木敏充経済再生相とライトハイザー米通商代表(USTR)代表が担当している日米通商交渉だ。

首脳同士がゴルフや大相撲を楽しんでいる一方、農業分野や自動車問題で、しのぎを削るようなやり取りが展開されそうだ。

主要なテーマになる日本から米国への自動車輸出や米国産農産物の日本への輸出拡大では、日米間の主張に大きな隔たりがあり、今回のトランプ大統領の訪日期間中に、何らかの大枠で合意する見通しは立っていない。

ただ、トランプ大統領は来年の米大統領選を見据え、早期の合意と明白な「果実」の獲得に積極的とみられ、日本側はトランプ大統領の「ツルの一声」による圧力を強く警戒している。

竹本能文 編集:田巻一彦

[東京 24日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

スズキもインドで呼吸器・マスク・防護服生産、トヨタ

ビジネス

英BP、2020年の設備投資を25%削減 米シェー

ビジネス

JAL、国際線夏ダイヤで8割超減 コロナで403便

ビジネス

中国、EV生産規制の緩和や排ガス規制延期を検討=関

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問題行動が責められないのはなぜか

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 9

    緊急公開:人類と感染症、闘いと共存の歴史(全文)

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 4

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 10

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    ついに日本は終わった

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月