最新記事

選挙

インドネシア大統領選、22日結果発表 デモのほかテロ計画も発覚で厳戒態勢へ

2019年5月15日(水)19時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

開票所で実際に確認された投票用紙。小さな穴が空いている左側のジョコ・ウィドド大統領が一票獲得。 Willy Kuniawan / REUTERS

<1万を超える大小さまざまな島に住む2億3千人以上の国民が直接大統領を選ぶインドネシア。投票から約1カ月、開票結果が間もなく明らかに──>

4月17日に投票されたインドネシア大統領選挙は、出口調査などでは現職のジョコ・ウィドド大統領が再選確実と言われているが、実は今も開票作業が続いている。選挙管理委員会(KPU)は正式の投票結果を5月22日に発表する予定で現在も開票作業を続けている。開票結果の正式発表のタイミングに合わせて現職のジョコ・ウィドド大統領に挑戦して敗北が確実視されているプラボウォ・スビアント氏を支持するイスラム急進派などが「選挙は不正」としてその結果に関わらず大衆動員型のデモや抗議集会を予定している。

一方で最近国家警察が摘発したイスラム教テロ組織の捜査から5月22日前後に爆弾テロが計画されていたことが判明。国軍、警察などの治安当局は厳戒態勢を敷く方針を明らかにしている。

インドネシアは現在5月6日から約1カ月続くイスラム教の「ラマダン(断食)」の最中で、人口の約88%を占めるイスラム教徒は慎みのある生活と敬虔な祈りの日々を送っているものの、首都ジャカルタを中心に22日に向けて社会の緊張が次第に高まっている。

開票作業不正を指摘して疑念拡大作戦

選管による正式の開票状況は刻一刻とテレビなどを通じて報じられており、5月15日午前の開票率約83%の段階で現職のジョコ・ウィドド大統領が56.23%を獲得。対抗馬プラボウォ候補の43.77%に約13%の差をつけてリードし、再選続投は確実となっている。

投票直後から民間の複数の調査機関が公表した開票速報値ではジョコ・ウィドド大統領の優勢が伝えられたが、両陣営とも「選管の正式な最終開票結果を待とう」との姿勢を示していた。

ところがその直後からプラボウォ陣営は「独自の開票結果では60%を獲得して勝利している」として一方的に勝利宣言するとともに次期プラボウォ内閣の閣僚まで指名する事態になった。

こうした状況にジョコ・ウィドド大統領陣営からは「プラボウォ氏大統領就任おめでとう、でもあなたの任期は5月22日の選管の結果発表までだ」(ネット上のSNS)と揶揄する声が出ているものの、全体としては冷静に対応、事態の推移を見守っている。

さらに選管による開票の進捗で敗色が極めて濃厚となるに従い、プラボウォ陣営は選管に対して「開票作業で不正がある」と抗議したのに続き、「報道が中立を欠いている」と矛先を内外のマスコミに向けるなど、あらゆる方策で選挙結果への疑念を掻き立てる手段に出ている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月