最新記事

選挙

インドネシア大統領選、22日結果発表 デモのほかテロ計画も発覚で厳戒態勢へ

2019年5月15日(水)19時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

開票所で実際に確認された投票用紙。小さな穴が空いている左側のジョコ・ウィドド大統領が一票獲得。 Willy Kuniawan / REUTERS

<1万を超える大小さまざまな島に住む2億3千人以上の国民が直接大統領を選ぶインドネシア。投票から約1カ月、開票結果が間もなく明らかに──>

4月17日に投票されたインドネシア大統領選挙は、出口調査などでは現職のジョコ・ウィドド大統領が再選確実と言われているが、実は今も開票作業が続いている。選挙管理委員会(KPU)は正式の投票結果を5月22日に発表する予定で現在も開票作業を続けている。開票結果の正式発表のタイミングに合わせて現職のジョコ・ウィドド大統領に挑戦して敗北が確実視されているプラボウォ・スビアント氏を支持するイスラム急進派などが「選挙は不正」としてその結果に関わらず大衆動員型のデモや抗議集会を予定している。

一方で最近国家警察が摘発したイスラム教テロ組織の捜査から5月22日前後に爆弾テロが計画されていたことが判明。国軍、警察などの治安当局は厳戒態勢を敷く方針を明らかにしている。

インドネシアは現在5月6日から約1カ月続くイスラム教の「ラマダン(断食)」の最中で、人口の約88%を占めるイスラム教徒は慎みのある生活と敬虔な祈りの日々を送っているものの、首都ジャカルタを中心に22日に向けて社会の緊張が次第に高まっている。

開票作業不正を指摘して疑念拡大作戦

選管による正式の開票状況は刻一刻とテレビなどを通じて報じられており、5月15日午前の開票率約83%の段階で現職のジョコ・ウィドド大統領が56.23%を獲得。対抗馬プラボウォ候補の43.77%に約13%の差をつけてリードし、再選続投は確実となっている。

投票直後から民間の複数の調査機関が公表した開票速報値ではジョコ・ウィドド大統領の優勢が伝えられたが、両陣営とも「選管の正式な最終開票結果を待とう」との姿勢を示していた。

ところがその直後からプラボウォ陣営は「独自の開票結果では60%を獲得して勝利している」として一方的に勝利宣言するとともに次期プラボウォ内閣の閣僚まで指名する事態になった。

こうした状況にジョコ・ウィドド大統領陣営からは「プラボウォ氏大統領就任おめでとう、でもあなたの任期は5月22日の選管の結果発表までだ」(ネット上のSNS)と揶揄する声が出ているものの、全体としては冷静に対応、事態の推移を見守っている。

さらに選管による開票の進捗で敗色が極めて濃厚となるに従い、プラボウォ陣営は選管に対して「開票作業で不正がある」と抗議したのに続き、「報道が中立を欠いている」と矛先を内外のマスコミに向けるなど、あらゆる方策で選挙結果への疑念を掻き立てる手段に出ている。

ニュース速報

ビジネス

日経平均は2万3000円回復、グロース株先導で日経

ワールド

トルコとギリシャ、対話で解決目指す 地中海エネルギ

ワールド

ベトナムのコロナ感染再燃、今後10日が重大な時期=

ビジネス

豪AMP、特別配当と自社株買いで株主還元へ 部門株

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月