最新記事

ヘルス

セレブに人気のリンゴ酢で健康と美肌を目指そう

Apple Cider Vinegar 101

2019年4月4日(木)18時00分
イブ・ワトリング

リンゴ酢にはリンスや洗剤の代わりに使うなど多くの用途がある Thamkc/SHUTTERSTOCK

<万能薬と期待することはできないが、血糖値対策からフットバスまで使い道はさまざま>

古代バビロニアの時代から、酢は調味料として、また食品の保存料や民間薬として愛されてきた。医療が進歩した今も、酢の健康効果や美肌効果、ダイエット効果への信仰は根強い。

なかでも最近、人気なのがリンゴ酢で、日常的に摂取しているセレブも多い。女優のスカーレット・ヨハンソンは美肌の秘訣はリンゴ酢にあると語っているし、カーダシアン一家の長女コートニーもリンゴ酢を飲むのを日課にしている。

栄養士のキャサリン・キンバーは、リンゴ酢には体にいいミネラル成分が少量ながら含まれていると語る。「少量のアミノ酸と抗酸化物質も摂取できる。これは細胞が損傷する過程を遅らせる効果がある」

もっとも胃不全麻痺や胃酸過多、血糖値を下げる薬を使っている人には害になる可能性があるし、カリウムの吸収や一部の医薬品の作用を邪魔する恐れもある。常飲したいなら事前に医師に相談したほうがいい。

そもそも酢は酸性だから、原液のまま、もしくは薄めても一日に何度も飲んだりすれば歯や消化器官を傷める恐れがある。健康情報サイトのヘルスラインは、大さじ1杯を240ミリリットルの水に薄め、1日に1~2回、糖質の多い食事の前に飲むよう推奨している。

リンゴ酢を生活に取り入れる方法をいくつか紹介しよう。

血糖値が気になる人に

酢に含まれる酢酸を食事の前に取ると、でんぷんの吸収を妨げる効果が期待できる。ある研究では、血流を促進し、インスリンレベルのバランスを取る効果もあったという。ただしこの研究は(酢に関する研究の多くはそうだが)、少数の被験者を対象にしたものであることには留意するべきだ。

精白小麦粉で作られたベーグルとオレンジジュースと共に小さじ4杯のリンゴ酢を摂取したところ、食後の血糖値の急上昇が緩やかになったとの研究もある。しかし栄養士のキンバーは「(この組み合わせは)バランスの取れた食事の代表とは言い難い。(酢を飲まなくても)野菜とタンパク質をいくらか加えれば同じ効果が得られたかもしれない」と指摘する。

ダイエット効果は?

09年に日本で行われた研究では、肥満体の人に酢を混ぜた飲料を摂取させたところ、体重が12週間で0.5~1キロ減ったという。もっとも、国際肥満ジャーナルに掲載されたある論文は酢の減量効果について、刺激的な味のせいで気分が悪くなり、食欲が落ちるためだろうと指摘している。

美肌効果を狙うなら

ニキビの治療や洗顔に薄めたリンゴ酢を使う人もいるが、日常的に使うには酸が強過ぎる可能性も。だがリンゴ酢には抗真菌成分や抗菌成分が含まれ、ニキビ痕を薄くする効果もあるとされる。頻繁に使うのでなければ自家製フェイスパックの材料にもおすすめだ。パックはリンゴ酢に保湿成分として蜂蜜を加えるなどして作るが、使用前にパッチテストを行い、ヒリヒリしないか確認すること。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏「多額の税金納付」、民主は詳細求める 納

ワールド

米大統領選、下院投票で決定も ペロシ議長が民主に結

ワールド

独首相、ロシア反対派ナワリヌイ氏を見舞い 入院中に

ワールド

ベラルーシ反政権派のノーベル賞作家が出国、ドイツで

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に送り返す」対策で対抗

  • 4

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 7

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 8

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 9

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 10

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月