最新記事

ヘルス

セレブに人気のリンゴ酢で健康と美肌を目指そう

Apple Cider Vinegar 101

2019年4月4日(木)18時00分
イブ・ワトリング

リンゴ酢にはリンスや洗剤の代わりに使うなど多くの用途がある Thamkc/SHUTTERSTOCK

<万能薬と期待することはできないが、血糖値対策からフットバスまで使い道はさまざま>

古代バビロニアの時代から、酢は調味料として、また食品の保存料や民間薬として愛されてきた。医療が進歩した今も、酢の健康効果や美肌効果、ダイエット効果への信仰は根強い。

なかでも最近、人気なのがリンゴ酢で、日常的に摂取しているセレブも多い。女優のスカーレット・ヨハンソンは美肌の秘訣はリンゴ酢にあると語っているし、カーダシアン一家の長女コートニーもリンゴ酢を飲むのを日課にしている。

栄養士のキャサリン・キンバーは、リンゴ酢には体にいいミネラル成分が少量ながら含まれていると語る。「少量のアミノ酸と抗酸化物質も摂取できる。これは細胞が損傷する過程を遅らせる効果がある」

もっとも胃不全麻痺や胃酸過多、血糖値を下げる薬を使っている人には害になる可能性があるし、カリウムの吸収や一部の医薬品の作用を邪魔する恐れもある。常飲したいなら事前に医師に相談したほうがいい。

そもそも酢は酸性だから、原液のまま、もしくは薄めても一日に何度も飲んだりすれば歯や消化器官を傷める恐れがある。健康情報サイトのヘルスラインは、大さじ1杯を240ミリリットルの水に薄め、1日に1~2回、糖質の多い食事の前に飲むよう推奨している。

リンゴ酢を生活に取り入れる方法をいくつか紹介しよう。

血糖値が気になる人に

酢に含まれる酢酸を食事の前に取ると、でんぷんの吸収を妨げる効果が期待できる。ある研究では、血流を促進し、インスリンレベルのバランスを取る効果もあったという。ただしこの研究は(酢に関する研究の多くはそうだが)、少数の被験者を対象にしたものであることには留意するべきだ。

精白小麦粉で作られたベーグルとオレンジジュースと共に小さじ4杯のリンゴ酢を摂取したところ、食後の血糖値の急上昇が緩やかになったとの研究もある。しかし栄養士のキンバーは「(この組み合わせは)バランスの取れた食事の代表とは言い難い。(酢を飲まなくても)野菜とタンパク質をいくらか加えれば同じ効果が得られたかもしれない」と指摘する。

ダイエット効果は?

09年に日本で行われた研究では、肥満体の人に酢を混ぜた飲料を摂取させたところ、体重が12週間で0.5~1キロ減ったという。もっとも、国際肥満ジャーナルに掲載されたある論文は酢の減量効果について、刺激的な味のせいで気分が悪くなり、食欲が落ちるためだろうと指摘している。

美肌効果を狙うなら

ニキビの治療や洗顔に薄めたリンゴ酢を使う人もいるが、日常的に使うには酸が強過ぎる可能性も。だがリンゴ酢には抗真菌成分や抗菌成分が含まれ、ニキビ痕を薄くする効果もあるとされる。頻繁に使うのでなければ自家製フェイスパックの材料にもおすすめだ。パックはリンゴ酢に保湿成分として蜂蜜を加えるなどして作るが、使用前にパッチテストを行い、ヒリヒリしないか確認すること。

ニュース速報

ワールド

完全にデフレ脱却した状況にない、賃上げ含め取り組み

ワールド

ブラジル年金改革法案が議会通過、株価は過去最高値

ワールド

英議会、EU離脱巡る高速審議を否決 月末の離脱ほぼ

ワールド

トルコとロシア、シリア北部のクルド人勢力退去で合意

MAGAZINE

特集:躍進のラグビー

2019-10・29号(10/23発売)

日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

人気ランキング

  • 1

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

  • 2

    水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

  • 3

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

  • 6

    メーガン妃の「赤ちゃんの肌の色は?」でCNNが炎上

  • 7

    メーガン妃への愛は冷めた? 英国メディア、結婚か…

  • 8

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 6

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 7

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 8

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 10

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月