最新記事

ヘルス

子どもを肥満にさせる「欠食・孤食」と家庭間格差

2019年3月27日(水)15時40分
舞田敏彦(教育社会学者)

食生活の乱れと肥満の相関関係は高い fatihhoca/iStock.

<10歳児の肥満の割合はこの40年で2倍近くに......急増の背景にあるのは食生活の歪みと家庭環境にリンクした「健康格差」>

「食」は人間の基本的な営みだが、今ではそれがおろそかにされている。朝食欠食率は上昇傾向で、塾通いの子どもが夕食をファストフードで済ますのは日常茶飯事。これでは頭が訓練されても体は蝕まれる一方だ。

子どもの肥満率の増加は、その一端に他ならない。10歳児で見ると、肥満傾向の児童の割合は1977年では5.9%だったが、2018年では9.0%に増加している(文科省『学校保健統計調査』)。外遊びや運動時間の減少もあるだろうが、食生活の歪みの影響も否めない。

実際、食生活と体型は相関している。今世紀初頭に生まれた子ども(約2万人)を追跡する厚労省調査では、思春期に達した13歳児の食生活と体型を明らかにしている。<表1>は、両者を関連付けたものだ。グループごとの肥満率をパーセンテージで出している。

maita190327-chart01.jpg

朝食の欠食群、夕食の欠食群・孤食群ほど肥満の率が高い。女子はその傾向が明瞭で、直線的な相関関係にある。朝食を食べるグループでは3.8%だが、食べないグループでは14.7%にもなる。夕食にしても、家族と食べる群は3.0%なのに対し、孤食群は6.6%、欠食群は13.5%となっている。

これは思春期の13歳児のデータだが、太るのを恐れて、朝食を抜くのは逆効果のようだ。朝食を抜くと、昼食で摂取したカロリーが過剰に蓄積されて肥満になりやすいという。一方の孤食では、自分の好きなものばかり食べて栄養が偏りがちになる。

ニュース速報

ワールド

ブレグジット合意、関税問題の解決策必要=メルケル独

ワールド

マレーシア、南シナ海での最悪の状況に備える必要=外

ビジネス

バーニーズ、資産売却で合意 オーセンティック・ブラ

ビジネス

エリオットがユニゾに「あらゆる措置」と通告、善管注

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月