最新記事

人権問題

タイで行方不明のベトナム人権活動家、ハノイの刑務所に収監確認 両国治安当局が連携し拉致?

2019年3月22日(金)19時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

友人のアーティストが描いたイラストでは、ナット氏(左)のブログが拘束されていたが…… (c) Trương Duy Nhất via Facebook

<政治亡命のため渡航した国は、一党独裁の母国の治安当局と結託していた──>

タイのバンコクで2019年1月26日以降行方不明になっていたベトナム人の人権活動家でブロガーのトゥルオン・ドゥイ・ナット氏がベトナムの首都ハノイにある刑務所に収監されていることが3月20日に判明した。

ナット氏の家族が刑務所関係者から連絡を受けたもので、米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が伝えた。

ナット氏の消息が明らかになったのは姿を消して以来初めてで、人権団体などでは「とりあえず所在が判明したことはよかった」としているが、タイでの行方不明に関してはベトナムの治安当局だけでなく、タイ警察当局も関係した可能性があり、今後タイ側の説明が求められることにもなりそうだ。

3月20日、カナダを活動拠点としているナット氏の娘、トク・ドアン・トゥルオンさんからRFAへ伝えられた情報によると、ハノイの刑務所関係者からナットさんの妻カオ・チ・クアン・プオンさんに連絡があったという。それによると、ナット氏は1月28日にバンコクで身柄を拘束され、その日のうちにハノイに移送され、それ以降刑務所に収監されているとの説明だったという。

ベトナム中部ダナン在住の妻プオンさんは3月20日にハノイの刑務所に駆けつけて夫ナットさんとの面会を求めたが、刑務所側は「ナット氏の件に関してはまだ捜査が終わっておらず、面会は許可できない」として拒絶されたものの、妻が持参した服や食料などの差し入れ品については受け取ったという。

拉致にタイ警察が関与した可能性も

ナット氏はベトナム国内での民主化要求や人権問題をRFAなどを通じて発信していたことから、当局による逮捕の可能性があるためタイに出国していた。

そしてバンコクにある国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)で政治難民としての手続きを1月25日に申請したことがわかっている。翌26日にバンコク北郊の大規模ショッピングセンター「フューチャー・パーク」のアイスクリームショップ付近で突然身柄を拘束され、以後消息が全く途絶えていた。

目撃証言などからナット氏の身柄を拘束したのはタイ警察の制服を着た人物だったことから、一時ベトナム治安当局者がタイ警察の制服を着用して拉致に及んだ可能性も指摘された。

しかしその後の状況やベトナム治安当局者、人権団体などの情報によると、ナット氏を直接拘束したのはタイの制服警察官で、拉致後にナット氏をベトナム治安関係者に引き渡したものとみられている。

刑務所側の家族への説明では「身柄を確保したのは1月28日」でその日のうちにハノイに航空機を使って運ばれ、「T-16 」という名称の刑務所施設に収監されたとしている。

こうした拉致後の素早い対応などから、タイとベトナムの治安当局間で連携があったことは確実であり、拉致も綿密に計画されたものとみられている。

ナット氏がUNHCR事務所に難民申請に行った直後の拉致でもあり、タイ入国直後からナット氏はベトナム、タイ当局による尾行などの監視を受けていたことは十分考えられるとしている。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 7

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 8

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月